この保険の弱点はここだ!アクサダイレクト生命「アクサダイレクトのがん終身」

提供会社:アクサダイレクト生命

商品名:アクサダイレクトのがん終身

この保険の弱点はここだ!!

参考コラム:
商品の詳細に入る前に「そもそもがん保険って何?」という方は、
『保険屋の口車に乗る前に読みたい、がんと保険の真実』
をご覧いただきたい。

 

アクサダイレクト生命が販売するがん保険。

アクサダイレクトは、アクサのネット生保部門。

この保険会社は収入保障タイプでは『収入保障2』など、「分かりやすくて安い」商品を出しているのだが、このがん保険は「うーん」という感じ。

見た目は安いのだが、保障内容が薄い。

ネットで販売しているため主契約(メイン部分)の保障は以下の2つがパッケージ化されているだけでシンプル。

1 がん入院給付金(がんで入院時、1日5,000円~20,000円、自分で選択)
2 がん診断給付金(がんと診断された時に上記の「日額」の100倍)

足らないものはオプション(特約)で付けていく方式。




筆者が思う弱点は、以下の3つ。

弱点1 がん診断給付金が「一回」こっきり

がんと診断された時の一時金が一回しか出ない。

他社では「2年に1度」、「1年に1度」などを上限に複数回支払われるので、ここは大きな違い。

がんは初回より、2回目、3回目の再発、転移の方が深刻。

その時に50万円なり、100万円なりの一時金が出る方が助かる。

その点、「一回だけ」というのは明確な弱点。

保険料も安いので仕方ない部分もあるが、複数回給付を望むのであれば本商品はそもそもそのスペックを満たしていない。

この弱点が気になるなら…『がん診断一時金、各社の支払回数一覧』で他社をチェック!!

 

参考:各社のがん保険を比較したい方には、
『がん保険 何で比較する?項目別 商品比較』
をご覧いただきたい

他社のがん保険の☆評価一覧は、コチラ




弱点2 先進医療特約が貧弱+余計なセット

先進医療特約とはがんの治療で保険適用外の先進医療を受けた際、その実費を保障してくれる特約(オプション)なのだが、現在、他社では軒並み上限が2,000万円となっている。

それに対して本特約は500万円まで。

がんの先進医療と言えば重粒子線治療や陽子線治療など。

どちらも1回であれば500万円以内で済むが、何度も受ければ500万円を超える。

その点を考慮すると500万円は少ない。

また先進医療特約に入ると、同時に「がん手術給付特約(手術時10万円)」と「がん退院療養特約(退院時10万円)」にも加入することになる。

この3つがセットになっていて、30歳 男性の場合で+500円と結構高い。

他社では「先進医療特約だけ」、「手術だけ」、「退院給付だけ」など、バラバラで加入できるのだが、本商品では何故かセットでないと入れない。

せめて先進医療特約だけは「他社なみの条件」+「それだけ選択できる」ようにして欲しかった。

この弱点が気になるなら・・・がん先進医療特約の一覧で他社をチェック!!




弱点3 がん無事故給付金には要注意!!

がんにならなければ「3年毎」にお小遣いが貰える特約。

しかし、タダで貰えるわけではない。その分の保険料を払わないといけない。

5万円か10万円。加入時に自分で選択する。

ちなみに「5万円プラン」の場合、保険料は以下の通り。

30歳男性 1,345円
30歳女性 1,355円

例えば30歳男性の場合、毎月1,345円払えば年間16,080円、3年間で48,240円支払っている計算となる。

それで5万円受け取れるので約1,800円得をする。

しかし「無事故なら給付」なので、どこかにがんになればそのタイミングで支払っている3年間の保険料は全額没収される。

がんになれば48,260円を捨てることになるので、それまで3年ごとに1,800円儲かっていても、その儲けを全て吐き出すことになる。

自分の健康をタネに保険会社とギャンブルをしてるようなもので、筆者としてはこのような特約には何の必要性も感じない。

そもそも「無事故」という言葉がどうなんだろうか?

まるでがんになった人が「事故」を起こしたような言い方でデリカシーのかけらもない。

 

参考コラム:
商品の詳細に入る前に「そもそもがん保険って何?」という方は、
『保険屋の口車に乗る前に読みたい、がんと保険の真実』
をご覧いただきたい。




商品の構成について

主契約に組み込まれている保障は2つ。

契約年齢は、満20歳~満69歳までが加入でき、日額5,000円~20,000円で選択できる。

以下、がん入院給付金日額10,000円の場合に受け取れる保障について説明する。

がん入院給付金

がんの治療を目的として入院した場合に、1日につき10,000円(がん入院給付金日額)を受け取れる。

がん診断給付金

がんと診断されたときに一時金100万円(がん入院給付金日額×100倍)が受け取れる。

本商品では「上皮内新生物」と「悪性新生物」の区別はない。

同額保障で安心だが、給付金は、1回のみとなっている。

最近の他社の新商品の傾向としては、1年または2年に1回を限度とする複数回保障されるものが主流となっている。

詳細は「弱点1」参照。

ここまでが主契約(メイン部分)

 

参考:各社の保険料、特約毎の比較は、
がん保険比較一覧2019年4月版
をご覧いただきたい。

他社のがん保険の☆評価一覧は、コチラ




以下、特約(オプション)の説明にはいる。

抗がん剤治療給付金

がんの治療のために抗がん剤治療を受けたとき、ひと月ごとに10万円を通算60回まで受け取ることができる。

保険料は30歳男性で150円、30歳女性で260円

これは安い。

基本的には「がんによる就労不能」を想定したものだろう。

がんでも外科的手術で「切れる」場合、治療期間も回復も早いが、「切れないがん」は厄介。

脳や肺の奥など物理的に切れない場所にがんがある場合や、白血病など。

このような場合、抗がん剤に頼るしかないが、辛い上、働けないので、あまりに長期化すると収入面に影響してくる。

そんな時、毎月10万円が給付されるのであればありがたい。

とは言え「病気で働けない」というリスクは何もがんだけに限った話ではない。

他にも脳系の病気などにより身体麻痺が残ったり、肝臓、腎臓などで長期療養をまぬがれないこともある。

そんな時に役に立つのが「就労不能保険」。ライフネットやアフラックなどが力を入れている。

「働けない」という状況をフォローしてくれるので、もちろんがんによる就労不能もOK。

しかし、こちらは保険料がそれなりにする。

働けないリスクを「がんだけ」に限って150円程度でカバーでるのであれば悪くはないと思う。

がん手術給付特約・がん先進医療特約・がん退院療養特約

この3つの特約がセットで加入するシステム。

詳細は弱点2を参照。

・がん手術給付金

がんの治療を目的として手術を受けた場合に1回につき10万円が受け取れる。

・がん先進医療給付金

がんを直接の原因として先進医療による療養を受けたときに、先進医療にかかる技術料と同額(通算500万円が限度)が受け取れる。

通算限度が500万円(他社では、2,000万円)

保険期間が10年更新

先進医療特約は今後、「値上がり」が確実であるため、10年更新ではなく、他社の「終身型」を選択するほうが好ましい。

先進医療特約は「終身型」を選びなさい!!

・退院後療養給付金

がんの治療のための入院後に退院した場合に10万円が受け取れる。




女性がん入院特約

女性特有のがんの治療のために入院したときに、1日につき10,000円(がん入院給付金日額と同額)が追加で受け取れる。

保険料は

30歳女性
日額10,000円

で+200円

女性特有のがんだからと言って、特別にお金がかかることはないのだが、安い特約でもあるので付けておいても良いかもしれない。

がん無事故給付特約

がんにならなかったときに3年ごとにがん無事故給付金が受け取れる。

詳細は弱点3参照

 

参考コラム:
商品の詳細に入る前に「そもそもがん保険って何?」という方は、
『保険屋の口車に乗る前に読みたい、がんと保険の真実』
をご覧いただきたい。




比較した方が良い商品

FWD富士生命 新がんベスト・ゴールドα ★★★☆☆

オリックス生命 がん保険 Believe(ビリーブ) ★★★☆☆

just in case「わりかん がん保険」 ★★★★☆

セコム損保 自由診療保険 メディコム ★★★★☆

メットライフ生命 ガン保険 ガードエックス ★★★★☆

 

参考:各社の保険料、特約毎の比較は、
がん保険比較一覧2019年4月版
をご覧いただきたい。

他社のがん保険の☆評価一覧は、コチラ