この保険の弱点はここだ!ニッセイウィルス生命「ニッセイ・ウェルス生存給付金付終身保険」

提供会社:ニッセイウィルス生命

商品名:ニッセイ・ウェルス生存給付金付終身保険<円建/外貨建>
プレシャスギフト
未来のバトン
賢者のギフト


参考コラム:
外貨建一時払終身保険特集!!
「こんな商品には騙されるな!!」はコチラ

利率と利回りの関係を知りたい方は・・・
「超」わかりやすい!!予定利率と利回りの違い!!』

この保険の弱点はここだ!!

ニッセイウェルスは日本生命の子会社で、銀行窓販で販売する商品の開発を担当している。

本商品は主に贈与を目的とした商品で、流れとしては以下のようになっている。

・まとまったお金を預ける

・それを指定した通貨で運用する(円、米ドル、豪ドル)

・スタート直後から年金が開始され、子や孫などに年金を渡していく

・年金は外貨で決まっている(年間1万ドルなど)ため、為替のレートによっては贈与税の非課税枠(110万円)を超えてしまう可能性もある。
 そのような場合、110万円を超えた分は契約者(親や祖父・祖母など)に渡す機能もある。

保険会社が資産を外貨で運用し、更に贈与を代行してくれるような商品。

では、弱点の解説に移る。

弱点1 自分でやった方が良い

まあ、元も子もないことを言うが、こんな商品を利用するより自分で計画的に贈与をした方が良い。

毎年決まった日、子や孫の誕生日でも良いし、正月明けでも良いので、その日にお金を贈与してあげる。

贈与契約書などは、複数年分作っておき、たまに会った時にお互いがまとめて署名捺印すれば良いだけ。

別に大した手間でもない。




確かにこの商品を使えば、贈与を楽に出来るのだが、為替リスクという余計なものを抱えることにもなるし(弱点2で詳細を解説したい)、途中で計画を柔軟に見直すことが出来ない。

当初は子や孫に贈与をしてあげようと思い立っても、高齢者にはいつどんな問題が起こるか分からない。

思っていたよりも早く体にガタが来て、有料老人ホームなどに入らなくてはいけないなり、お金が必要になった。

子や孫との関係が悪くなり、贈与の停止をしたくなった。

こんな時、この商品に入ってしまっていると、何とも融通が利かない。

無論、贈与を停止するのは、受取人を自分に変更して、子や孫にお金がいかないようにすれば良いだけだし、まとまったお金が必要であれば解約をすれば良いのだが、解約時には解約控除などのペナルティもある。

また、外貨で運用していた場合、解約時にも為替リスクがあるので「円高(1ドル90円など)」になっていれば大損する可能性もある。

要は一旦決めたら、

右折も左折もUターンもしにくい

のである。(日本円でやる場合でも同様)

手元にお金を持っておいて、自分の健康状態、子や孫の状況に応じて贈与してあげる方が無難。

参考コラム:
外貨建一時払終身保険特集!!
「こんな商品には騙されるな!!」はコチラ

利率と利回りの関係を知りたい方は・・・
「超」わかりやすい!!予定利率と利回りの違い!!』

弱点2 利率が低すぎる

2020年6月時点での利率が米ドルで0.98%。ライバルの商品に比べ頑張ってはいる方だが、いかんせん低い。

為替リスクを負うのであれば、せめて3%前後は欲しい。

また契約時に初期手数料として、外貨の場合4%、円の場合2%を取られるので、それも痛い。

ざっと計算しても、0.98%程度の利率では元本を回復するまでに4.5年はかかる計算なので、運用としてはかなり条件が悪い。

わざわざ資産を減らして、為替リスクを負って(外貨の場合)まで、保険会社に贈与を代行してもらう必要はないのではないか?



参考コラム:
外貨建一時払終身保険特集!!
「こんな商品には騙されるな!!」はコチラ

利率と利回りの関係を知りたい方は・・・
「超」わかりやすい!!予定利率と利回りの違い!!』