この保険の弱点はここだ!プルデンシャル生命「逓減定期保険」

提供会社:プルデンシャル生命

商品名:逓減定期保険

この保険の弱点はここだ!!

懐かしい商品である。

ほとんど収入保障保険と変わらないのだが、収入補償保険が浸透するまでの短い期間、この保険も結構出回っていた。

逓減定期。

逓減とは「決まって減っていく」という意味で、この保険は保険金が時間の経過とともに減っていく。

例えば加入時に5,000万円だとすると、それが10年後には4,000万円、20年後には3,000万円というような形で減額されていくのである。

なぜ減っていくのか?

その理由は家庭のライフサイクルにある。




一般的に、死亡した場合に、保険金が最も必要なのは子供が小さいころだ。

究極的に言えば、生まれた直後。

子供が0歳の時にお父さんが亡くなってしまえば、そこから成人するまでに相当なお金がかかるので、やはり大きい金額の保険金が必要だろう。

しかし、この10年後だとどうだろうか。

子供既に10歳になっている。

大学卒業までを一区切りにするなら、「あと12年」ということになり、すでに過ぎた10年分の生活費、教育費までを保険で賄う必要はない。

更にその10年後。

子供は20歳。

大学卒業まであと2年。

更に保険金は少なくて済む。

このように一般的な家庭では、若い内(子供が小さい時)に大きな保障が必要で、それは子供の成長に伴い徐々に減っていく。

その「減っていく」を形にしたものが、この逓減定期だ。

なお、似たいような商品に「収入保障保険」というものがある。

プルデンシャルでは「家族収入保障保険」という言い方をしている。

逓減定期も収入保障保険(家族収入保険)も、どちらも保険金は時間の経過に伴い減っていく。

何が違うのか、と言うと、

逓減定期   保険金は原則一時金(まとまったお金)で受け取る

収入保障保険 保険金は原則「月々払い」で受け取る

という点。

逓減定期は3,000万円、4,000万円など、大きな金額でドカンと受け取るが、収入保障保険の方はその名の通り、収入を保障するので、月々20万円、というような形で受け取るのである。

但し、逓減定期でも「分割して受け取る」ことも出来れば、収入保障保険の方でも「一括で受け取る」ようなことも出来るので、実際のところ、この両者はさほどの違いはない。

兄弟のようなもの。

しかし、収入保障保険(家族収入)の方が「給料の代わり」というような形で、分かりやすいため、マーケットではこちらの方が支持された。

そのため、現時点では逓減定期はほとんど存在感はなく、扱っている会社も限られている。




弱点1 保険料高く、入る理由は見当たらない

とてもシンプルなデメリット。

保険料が高い。

そもそもプルデンシャルの商品は全体的に保険料が高めだが、本商品もご多分に漏れず高い。

先程、「ほぼ収入保障保険と同じ」と説明したが、であるなら、他社の安い収入保障保険で良いだろう。

逓減定期の一つの特徴として「一時金で受け取れる」という点があるが、もしそれを望むなら、一時金受け取るも出来る収入保障保険を選べば良い。

それで、十分逓減定期の代わりとなる。

検討した方が良い他社商品

下記、収入保障保険の比較ページにて、評価が高いものを選べば良いだろう。

各社 収入保障保険の評価一覧