この保険の弱点はここだ!楽天生命「あんしんプラス 入院サポート」販売停止(2020年7月末)

提供会社:楽天生命

商品名:あんしんプラス 入院サポート

 

この保険の弱点はここだ!!

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』
をご覧いただきたい。

楽天生命が販売する入院一時金タイプの医療保険。

入院をしただけで10万円を給付!!

というのが謳い文句だが、本当に怖い長期入院などは一切フォローされていない。

なお、楽天の「あんしんプラス シリーズ」は、他社では医療保険の特約(オプション)で用意されているようなものを、単体の商品として仕立て直しているようなものが多い。

つまり、それ一つでは保障内容は「小粒」であり、本来、主役にはなり得ない。




そのため、他で医療保険に入っている人が、

「ちょっとここの部分だけ心配だが、これも追加しておくか」

という感じで入ることをイメージしているのだろう。

だが、この戦略、うまくいくのだろうか?・・・・

「元々入っている医療保険に特約で付ければ良いじゃん!!」

と言う気がしてならない。

何故にわざわざ小粒の保障だけを楽天生命で追加する必要があるのか。

筆者が知らないところで、そういうニーズがあるのだろうか?・・・

仕事柄、保険会社の開発担当者の話を聞く機会は多いが、是非、楽天の商品開発担当者の話も聞いてみたいものだ。

などと思っていたら、この商品、早々に販売停止となった。

恐らくセールスの現場からも「こんなん売れるの?」という感じで、白けられたのだろう。

なお、この保険にガン関係の保障をつけたものも「あんしんプラス がんサポート」として販売していたのだが、こちらも同時に販売停止。

まあ、ニーズがなかった、ということか・・・

弱点1 小粒 & 高い

別に10万円なんて、あってもなくてもどちらでも良い。

「ないよりはマシ」という程度の保障であれば、別に保険に入らず貯蓄でまかなうべき。

入院で一番怖いのは長期入院。

それらの「大きなリスク」に備えるべき。

あまりに保障内容が小粒、そして目先の話ばかりにフォーカスしている。

そもそも保険として必要性が感じられない。

それに本商品は保険料も結構高い。

30歳男性で1,440円/月とのことだが、年間17,280円、10年間で約17万円。

10年間に2回入院しなければ「赤字」になる計算で、自分で貯めておいた方が良い。

小粒で高い。

まるでダイヤのような保険である。(嫌味)




弱点2 先進医療が10年更新

保険適用外の治療の際、その実費を負担してくれる先進医療特約。

本商品にも付いているが、保険料は10年更新。

つまり10年ごとに保険料が上がる。

他社では一度入ると、ずっと保険料が変わらない終身タイプもある。

契約者としては、保険料は上がらない方が良いだろう。

先進医療特約の詳細については、下記コラムを参照頂きたい。

コラム:先進医療特約は終身型を選びなさい!!

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』
をご覧いただきたい。

他社の医療保険の☆評価一覧は、コチラ

商品の構成について

入院支援給付金

1泊2日以上の入院をした場合、1回につき一時金10万円が受け取れる。

180日に1回を限度として支払われる。

180日ごとにカウントするため、入院が継続していても、一度退院し再度入院中でも180日が経過していれば貰える。

同様の保障は、他社では入院一時金というような「特約(オプション)」で用意されていることが多い。

保険料例:一時金10万円、先進医療なし
30歳 男性:1,440円 女性:1,480円
40歳 男性:1,890円 女性:1,710円
50歳 男性:2,570円 女性:2,170円
60歳 男性:3,510円 女性:2,810円

先進医療特約2018

保険適用外の先進医療を受けた際、その実費を2,000万円まで保障される。

保険期間は、10年となっており、更新される。

保険料は、+82円




比較した方がいい他社商品

ネット生保にこだわるのであれば・・・

アクサダイレクト生命 アクサダイレクトの終身医療 ★★★★☆

終身型の先進医療が欲しいのであれば・・・

オリックス生命 新CURE ★★★★☆

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』
をご覧いただきたい。

他社の医療保険の☆評価一覧は、コチラ