この保険の弱点はここだ!楽天生命「災害保障保険」

提供会社:楽天生命

商品名:災害保障保険

この保険の弱点はここだ!!

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』
をご覧いただきたい。

本商品は一昔前に損保がさかんに販売していた「傷害保険」をイメージしたようなもので、何となく懐かしさを感じる。

不慮の事故による「怪我」だけにフォーカスした保険で、昔は親がスポーツに熱中する子供を入れていたり、もしくは車を運転する機会が多い人、工場や建設現場などで働く人が入っていることが多かった。

しかし、最近は勤務中にケガをすれば会社が面倒を見てくれるし、部活などでも学校がスポーツ保険などに入っている(もしくは学生に強制加入させる)ことが多いので、あまり見かけなくなった。

でいきなり結論だが、まあ、必要ないだろう。

と言うのは保障内容が中途半端過ぎる。




本商品の保障は、軽い怪我には手厚すぎるし、重い怪我には手薄い。

帯に短し、タスキに長し

という印象。

まずはこの商品の保障内容。

サイトに掲載してある「災害入院給付金日額 5,000円」の場合、以下のような給付内容となる。

・不慮の事故により怪我をした場合、特定損傷 2~100万円
 怪我をした場所によって金額が変わる。頸椎などは100万円

・不慮の事故により怪我をして入院した場合 1日あたり5,000円

・不慮の事故により死亡した場合 200万円

これを軽い怪我の場合と、重い怪我の場合で給付例を見てみよう。

軽い怪我 例:上腕骨折

いわゆる「腕の骨を折った」というもの。

この場合、特定損傷から一時金として30万円。そして入院している間は1日あたり5,000円を受け取れる。

重い怪我 例:頸椎骨折

交通事故だけでなく、アメフトやラグビー、もしくはスキー、スノーボードの事故などで起こることがある。

場合によっては全身不随にもなるような大事故。

この場合、特定損傷から最高金額の100万円。そしてこちらも入院1日あたり5,000円が給付される。

まず前者の「軽い怪我」だが、腕を折って30万円を貰ったところで、別に何ということはない。

また、普通の医療保険に入っていれば、怪我の入院や手術でもそれなりに給付されるので、それで十分だろう。

つまり、この保険に入って「上乗せ」でお金を貰う理由もないということ。
(まあ、貰えれば、それはそれで嬉しいけど)

逆に後者は、本当に危機的状況で、今後仕事などが出来ない可能性も出てくる。

この時に200万円+5,000円/日の給付を受けられても、ないよりはマシではあるが、基本的には焼き石に水だろう。

全く足らない。

このような最悪のケースを想定するのであれば、就業不能保険(働けなくなった時に毎月一定金額を受け取れる)の方が有効。

年齢にもよるが、30代くらいであれば保険料も2,000円程度で済むので、本商品とそれほど変わらない。




本商品を検討している方は、仕事やスポーツなどで「自分は怪我をする可能性が高い」と思っている方だと思うが、そのような方は軽い怪我などの「些細なリスク」よりは、本当に大怪我をして数ヶ月、1年単位でのリハビリが必要になるような状況、最悪、働けないような状況などの「大きなリスク」を想定するべき。

また、別の視点として「怪我をするリスク」と同時に「怪我をさせるリスク」も考えるべき。

自分の過失で誰かを怪我させてしまった場合、その賠償という問題もある。

一般的なスポーツ保険などでは、これらの賠償と自分が怪我をした場合の補償がセットになっていることが多い。

本商品はそれらの賠償についても補償もないので、この点もマイナス。

重い怪我を想定するなら就業不能保険に入った方が良いが、軽い怪我に対して「何となく心配だから、何か入っておきたい」というのであれば、賠償責任も含んでいるスポーツ保険の方が良いのではないだろうか?

その方が月に数百円程度の保険料で済む。

前述した通り、本商品は軽い時には大袈裟で、重い時には保障が少なすぎる。

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』
をご覧いただきたい。

他社の医療保険の☆評価一覧は、コチラ

商品の構成について

特約はなく、パッケージタイプとなっている。

災害入院給付金

不慮の事故によるケガで入院した時に、日額×入院日数分の給付金が受け取れる。

日額は、最高20,000円まで設定可能

1入院あたりの支払限度は1,095日となっているため、長期の入院でも安心。

特定損傷治療給付金

不慮の事故による特定損傷(骨折、関節脱臼、腱の断裂)の治療を受けたときに、損傷の種類、部位ごとに応じて日額の4倍~200倍までの給付金が受取れる。

例えば、頭蓋骨骨折で60万円、上腕骨折で30万円、手指・足指骨折で2万円となっている。

1回の事故につき、最大400倍まで受け取れ、通算1,000倍まで保障される。

災害死亡保険金

不慮の事故または、所定の感染症で死亡した場合に、日額の400倍の災害死亡保険金が受け取れる。

ここまでの保障が主契約となっている。

保険料例:日額5,000円、保険期間:10年
20歳 男性:1,545円 女性:1,270円
30歳 男性:1,550円 女性:1,270円
40歳 男性:1,565円 女性:1,275円
50歳 男性:1,625円 女性:1,405円
60歳 男性:1,805円 女性:1,805円

特約(オプション)などは用意されていない。




比較した方がいい他社商品

一般的に損保が販売する傷害保険に近い。

もしくはスポーツ保険などと比較した方が良い。

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』
をご覧いただきたい。

他社の医療保険の☆評価一覧は、コチラ