この保険の弱点はここだ!オリックス生命「新CURE」

提供会社:オリックス生命

商品名:新CURE

解説を動画でご覧になりたい方はコチラ

この保険の弱点はここだ!!

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』
をご覧いただきたい。

 

それでは、この商品の弱点について解説をしていこう。

現状において、医療保険の世界においてはオリックスは圧倒的に強い。

更に今回(2018年10月2日以降)、「終身払い」に関しては値下げを行った。

なお、「短期払(例:60歳までに払いきってしまうパターン)」に関しては「値上げ」となっている。

その理由を知りたい方はコチラをご覧頂きたい
『平均寿命が長くなると安くなる保険、高くなる保険』

正直なところ弱点らしい弱点は見当たらないが、あえてあげるなら以下の2つ。

弱点1 強い!!が昔ほどではない

cureが販売を開始したのは2006年のこと。

シンプル&リーズナブルというコンセプトで、実際に相当安かった。

しかし、この商品が売れたのは、当時増えつつあった

来店型保険ショップ(保険の窓口など)

に徹底的にフォーカスしたからである。

担当者がいかに簡単に説明と申込が出来るか、という点で優位線があった。

分かりやすい商品構成、更にはパンフレットに性別、年齢別の保険料まで記載されていて、それを見れば一目瞭然。

今では当たり前になっているが、この頃のパンフレットには基本的には保険料は記載されておらず、あってもモデルケースとして「30歳 男性」などの一例が示されているだけ。

また、他社の商品ではパソコンに必要事項を入力して、色々設定しないと設計書や保険料が出てこないのが、cureではそれらもパンフレット一個で終る。

更には申込書も極めて簡潔に出来ていて、要は「売る方にとって楽」なのである。

しかも安いので、お客さんにとってもメリットがある。

これで爆発的に売れた。

一時期は、医療保険の比較資料を作ってもcureだけが頭一つ飛びぬけていて、お客さんからは「これを勧めたいのですか?」と逆に疑われるくらいだった。




が、これも昔の話。

あまりに売れすぎたため、現在では他社が完全に「cureのモノマネ」をしてきていて、どこも似たような商品構成になっている。

更には保険料の差もだんだん縮まり、以前ほどの強さはない。

しかし、そこは商売上手なオリックスグループの一員だけあって、他社が保険料を下げれば、それに合わせて下げてくるし、特約などもマイナーチェンジを繰り返して、常に他社に引けをとらないようにしている。

また申込書の簡単さや、システムの使い易ささは未だに他社より一歩優れている。

このような裏事情はお客さんには直接関係ないが、販売をする方からするとありがたいことで、つまりは

「何となくcureを推す」

人が多いのである。

お客さんの前に、まずは販売員を飼いならす作戦で非常に上手い。

保険料水準で言えば、相変わらず安い部類に入るが、ネット生保や通販系などでは、より安いところも出てきている。

またcureを参考に同じような商品を開発している後続組は、cureではカバー出来ない就業不能状態(働けない状態)までフォローするような特約をつけたりして、差別化を図っている。

前述のような事情で「cureが一番売れてますし、間違いないですよ」的なことを言われるかもしれないが、他社もかなり肉迫しているので、営業マンの言う事を鵜呑みにせずに、比較検討した方が良いだろう。

なお、20代から40代前半くらいまでをメインのターゲットとしているようで、この層の保険料は安いが、それ以上になると逆に高い場合も出てくる。




弱点2 特約が少ない

商品として非常に強いが、オリックスのCureには特約(オプション)が少ない。

例えば他社で最近増えている

「抗がん剤治療特約(抗がん剤治療を受けている間、毎月10万円受け取れる)」

「就労不能関連(病気で働けなくなった時のための保障)」

などは用意されていない。

このあたりは、完全に「割り切っている」と言える。

あれこれ特約を用意すると、その分オペレーションコストが上がり、それはすなわち保険料に反映される。

そのような「余計なこと」をせずに、特約も「本当に売れる」ものだけにフォーカスしているところがオリックスらしい。

なお、他社で販売実績が増えてきたものに関しては容赦なくパクる。

それもオリックスの特徴であり、そのあたりは誠にしたたかである。

特約の数は少ないが、正直に言えば「これくらいあれば十分」とも言えるので、弱点とまでとは言えないかもしれない。

 

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』
をご覧いただきたい。

他社の医療保険の☆評価一覧は、コチラ

商品の構成について

商品構成はシンプル。

入院日額

3,000円から20,000円まで、1,000円刻みで選択可能。
(61歳~75歳は、15,000円まで、76歳~80歳は、10,000円まで)

「30歳男性 入院日額:5,000円 支払限度:60日 終身払い」で保険料は、1,330円。

保険料は概ね安い。

入院限度日数

60日、120日から選択可能。

「30歳男性 入院日額:5,000円 終身払い」の場合、60日型は1,185円。120日型は、1,345円と+160円ほど高くなる。

この限度日数の話とは別に、本商品では「三大疾病無制限型」と「七大疾病無制限型」という特則がある。

これらを付けるのであれば、かならずしも120日型を選ばなくても良いかもしれない。詳しくは後述する。

手術給付金

入院中の手術 → 日額の20倍 外来手術 日額の5倍

手術の他、放射線治療、骨髄移植、先進医療、骨髄肝細胞の採取術(ドナー提供)を受けたときも手術給付金が受け取れる。

公的医療保険制度の給付対象となる手術(約1000種)を保障。



七大生活習慣病入院給付特則(三大疾病無制限型)

がん(悪性新生物・上皮内新生物)、心疾患、脳血管疾患、の3つの病気で入院した時に、1入院あたりの上限が無制限になり、糖尿病、高血圧性疾患、肝硬変、慢性腎不全の4つ病気で入院した時なら、1入院あたりの上限が+60日される特則。

「30歳男性 入院日額:5,000円 支払限度:60日 終身払い」の例で+155円。

例えば、脳卒中で入院した場合は無制限なので何日入院していても1日5,000円が受け取れる。

糖尿病に関しては「+60日」なので、60日型に入っていれば120日までOKということ。

120日型に入っていれば、180日まで延長される。

七大生活習慣病入院給付特則(七大疾病無制限型)

がん(悪性新生物・上皮内新生物)、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧性疾患、肝硬変、慢性腎不全の7つの病気で入院した時に、1入院あたりの上限が無制限になる特則。

「30歳男性 入院日額:5,000円 支払限度:60日 終身払い」の例で+335円。

前項の七大生活習慣病入院給付特則(三大疾病無制限型)の拡張版。

7つの病気全てで「無制限」になる。

ただ、どうだろうか。

がん、急性心筋梗塞、脳卒中の3つをのぞいた

「糖尿病、高血圧性疾患、肝硬変、慢性腎不全」

で、長期の入院をすることはなくもないが、あまり聞いたことはない。

ないよりはあった方が安心かもしれないが、筆者は少々「オーバー」な気もする。

前項の三大疾病無制限型で十分だとも思う。



先進医療特約

保険適用外の先進医療を受けた際、通算2,000万円までの実費を保障。

さらに、先進医療給付金の10%相当額(1回の療養につき50万円限度)が受け取れる。
(こちらは、2018年10月にリニューアルされ追加された保障となっているため、2018年9月以前の契約者は、実費の保障のみ)

保険料は、191円

保障内容は他社より優れているが、保険料は高めになっている。

なお、他社では先進医療特約が10年更新になっている場合もあり、そうなると10年毎に保険料が上がっていく。

今後、先進医療が今より一層広がれば、必然的にその支払いをする特約の保険料も値上がりする可能性が高く、出来ればずっと保険料が変わらない「終身型」の方が望ましい。

本商品の先進医療特約は終身型なので、その点はグット。

先進医療特約についての詳細は以下の記事をご参照いただきたい。

先進医療特約は「終身型」を選びなさい!!

 

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』
をご覧いただきたい。




重度三疾病一時金特約

オリックスの三疾病一時金は、

がん(悪性新生物・上皮内心生物)・・・「診断(がんです。と言われただけで)」

急性心筋梗塞と脳卒中・・・「入院」

をした時に受取れる。

この支払条件は、他社と比較しても優れている。

これらの一時金を「1年に1回」を限度に何度でも受け取れる。

30歳男性、一時金50万円で+1150円

この保険料は他社なみ。特別に安くはない。

オリックスは基本的な保障は安いが、総じて特約は普通。

基本保障は「見せ球」として安くしておいて、これらの特約を付けてもらうことで稼いでいるのだろう。

しかし内容は悪くないので、検討の価値はある。

がん一時金特約

がん一時金は、

がん(悪性新生物・上皮内心生物)・・・「診断(がんです。と言われただけで)」

をした時に受取れる。

この支払条件はおおよそ他社なみと言える。

これらの一時金を「1年に1回」を限度に何度でも受け取れる。

30歳男性、一時金50万円で+895円

前項の重度三疾病一時金特約の「がんだけ」に絞ったもの。

これを付けるくらいなら、特約料金もそれほど変わらないので3疾病にしておいた方が無難。



がん通院特約

がんで所定の通院をした場合、がん通院給付金が受け取れる。

がん通院給付金は、1日につき3,000円~20,000円(主契約の日額が限度)を1,000円刻みで選択可能。

なお、この特約を付加するには「重度三疾病一時金」または「がん診断一時金」を同時にセットする必要がある。

「30歳男性 入院日額:5,000円 支払限度:60日 終身払い」にがん通院特約5,000円をつけると+240円。

筆者はこの特約には否定的。

自分で入るなら付けない。

そもそも通院1回ごとに5,000円貰っても大した足しにはならないので、あってもなくてもどっちでも良い。

保険料の観点からも、毎月240円だと年間2,880円。10年間で2万8,800円。30年間で8万6,400円。17日以上通院しないと元が取れない。

また、抗がん剤治療を受けると月に6~8万円程度かかり、1日につき5,000円では保障として足りていない。

心配なら「がん通院特約」ではなく「がん診断一時金」の金額を上げるか、他社にある「抗がん剤治療給付金(抗がん剤治療を行った際、毎月10万円をうけとれる)」などを検討したほうがいいと思う。



女性入院特約

女性特有の病気やがんで入院した場合に、主契約に上乗せして、1日につき5,000円が受け取れる。

30歳女性で+430円

これは他社にもよく見られるもので、保険料は他社と比較してもほぼ同じ。

必要性の意味で言えば、女性特有の病気だからと言って、余計にお金がかかるわけではないので、いらないと言えばいらない。

しかし、筆者の経験上、女性疾病の支払いは非常に多く、実際にお支払いした例では30代、40代での子宮筋腫や内膜症での入院や手術が一番多い。

だからと言うわけではないが、「あっても良いかも」とは思う。

「保険は本当に困った時のため」

という原則からは外れるが、心配な方はリスクの高い40歳後半くらいまでこの特約を付けておいても良いかもしれない。

特定疾病保険料払込免除特則

以下の条件に当てはまった場合、以後の保険料が免除される。

・がん(悪性新生物):診断

・急性心筋梗塞:60日以上の労働制限、または、手術

・脳卒中:60日以上の後遺症、または、手術

他社に比べて、可もなく不可もなく。と言うところ。

特約の保険料もほぼ他社なみ。

筆者の個人的な見解では医療保険の保険料そのものがそれほど高額ではないので、わざわざ別途保険料を支払ってまで「払込免除」をつける必要はないと思っているが、このあたりは個人の感覚だろう。

詳細は、「医療保険の払込免除は必要か?」をご参照頂きたい。



入院一時金特約

入院したときに、一時金が受け取れる。

30歳男性 入院一時金10万円で保険料は、+770円

これはいらないだろう。

毎月770円。30年払えば28万円近くになる。

3回入院(10万円×3回)してようやく、多少儲かる。という程度。

10万円もらえれば嬉しいかもしれないが、その大半は自分で貯めているようなものだから、保険としては必要ないだろう。

通院治療支援特約

退院したときに一時金が受け取れる。

30歳男性 退院時一時金10万円で保険料は、+730円

こちらも先ほどの理由と同じでいらない。

毎月730円払うくらいなら、そのお金を貯めて何かに投資した方がよっぽど良い。

改定履歴

・2018年10月2日
「入院一時金特約」「退院治療支援(退院時一時金)特約」の新設
「先進医療特約」の改定

なお、特約については、中途付加ができないため、これらを付けたい場合は「入り直す」必要がある。

 

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』
をご覧いただきたい。

他社の医療保険の☆評価一覧は、コチラ