この保険の弱点はここだ!FWD富士生命「定期保険/優良体定期保険」

提供会社:FWD富士生命

商品名:定期保険/優良体定期保険

この保険の弱点はここだ!!

FWD富士生命は香港資本の保険会社。

PCCWという財閥の保険部門が「FWD」であり、アジア各国で現地の保険会社を買収して、その国の保険ビジネスに参入するというスタイルを得意としている。

日本でも2017年4月にAIG富士生命の株式をAIGグループから買収した経緯がある。

2017年から日本市場に参入してきたわけだから、当然知名度がない。

また富士生命自体も富士生命 → AIG富士生命 → FWD富士生命、と短期間に名前の変更を繰り返しているため、率直に言ってイメージもよろしくない。

そのため、収入保障保険や、がん保険など、売れ筋の商品を、

かなり強気な保険料(安い保険料)

を提示することで、最近、存在感を増している会社である。




と言うか、それしか戦略はないだろう。

本商品も、商品としてはただの定期保険なのだが、そこに

・「健康な人向け(優良体)」

・「更にタバコを吸わない人向け(非喫煙優良体)」

という2つの割引制度が設け、保険料の割安感を演出している。

パンフレット上では、優良体で14%程度、非喫煙優良体となると30%程度の割引がされる旨の説明があるが、実際には性別、年齢、契約期間などによって割引率は変わる。

しかし、具体的な例は、後述の弱点で説明しているが「イマイチ安くない」という感じ。

「あのFWDが定期保険に参入する」

そう聞いた時は

ドン・キホーテなみの「爆安!!驚安!!」で、業界をざわつかせるのでは?

と思っていたが、蓋を開ければ凡庸。

FWD、ひよったな。

そんな感じだ。

と言うか、FWD富士の商品は全般的にかなり高度にマーケティングしていて、かなり割安な保険料を提示してくるか、他社にはないような特徴的な特約(オプション)などを搭載しているものが多い。

言わば知名度を補うような「飛び道具」があることが多いのだが、本商品に限ってはそのようなものはない。

保険料ではネット生保に及ばず、前述の通り会社の知名度も低いので、極めて中途半端な仕様となっている。

なお、優良体の基準は、以下の3つをクリアしていること。

1 健康状態および身体状態が、所定の引受基準において良好
2 血圧が最大血圧140未満、最小血圧90未満
3 BMIが18.0~27.0

1の「身体状態が良好」という基準はいささか曖昧だが、要は健康診断結果などの「全体を見て判断しますよ」ということだろう。

そのため、2の血圧と、3のBMIが基準内でも、血糖値や肝臓の数値が大幅に高かった場合などには適用されない。

一般的には健康診断で、ほとんどの数値が基準内か、少しだけオーバーしている程度であれば「優良体」と判断されると思われる。

更に、非喫煙優良体の基準は、先の1~3の基準をクリアした上で、

過去1年以内に喫煙していないこと

とされる。こちらは唾液採取型のニコチンテストなどでチェックする。

以上、商品としてはシンプルなもの。

では弱点(デメリット)の解説に入りたい。




弱点1 保険料に魅力なし

弱点はこれだけ。

冒頭でも述べた通り、保険料はネット生保に比べると割高。

本商品、年齢や性別、期間にもよるが、保険料では全般的にネット生保に負けている。

実際の例で見てみよう。

30歳 男性 保険期間:60歳まで
保険金額 2,000万円

この条件で、本商品の保険料は以下のようになっている。

通常(割引なし)          6,328円/月
優良体割引適用           5,408円/月
非喫煙者優良体割引適用 4,388円/月

なんの割引がないと6,328円だが、優良体と非喫煙の2つの割引が効けば4,388円と30%ほど安くなる。

対して、ネット生保の場合、全く同じ条件で、

ライフネット生命   3,812円/月(ライフネットには割引制度などはない)
チューリッヒ生命   3,360円/月(非喫煙優良体型割引適用後の保険料)

となっている。

ライフネットには特に割引制度などはないのだが、それでも保険料で負けているし、FWD富士生命と同様に非喫煙、優良体割引を用意しているチューリッヒ生命には更に大きく負けている。(約25%近くの差)

定期保険は、評価するポイントして保険料くらいしかないので、この差は大きい。

またネット生保「以外」でも、FWDと同じく対面方式のオリックス生命などとも保険料で大差なく(非喫煙体優良体割引が使えて本商品の方がちょっと安い、使えなければ高い)、それであれば知名度のある方が良いだろう。

諸々のことから、特にこの商品を選ぶ理由はない。

商品内容

契約年齢:6歳~75歳
保険期間:9歳~80歳(3年以上)、81歳~99歳以下(10年以上) 最長99歳

なお、優良体の契約年齢は、21歳~70歳までとなっている。
保険期間は、31歳~99歳以下(10年以上)

特約
特になし

保険料例 保険金額:2,000万円 保険期間:60歳
30歳 男性:  6,328円 女性:3,848円
35歳 男性:  7,176円 女性:4,295円
40歳 男性:  8,308円 女性:4,847円
45歳 男性:  9,788円 女性:5,547円
50歳 男性:11,666円 女性:6,344円

優良体の保険料例 30歳男性
標準体:   6,328円
優良体:   5,408円(14.5%割安)
非喫煙優良体:4,388円(30.6%割安)




検討した方が良い他社商品

タバコを吸わない、血圧に異常がない方は・・・

チューリッヒ生命 定期保険プレミアムDX ★★★★☆

男女ともに45歳以下の方は・・・・

メディケア生命 メディフィット定期 ★★★★☆

男女ともに45歳過ぎの方は・・・・

SBI生命 クリック定期!NEO ★★★☆☆

保障期間が短くて良い方は・・・

楽天生命 スーパー定期保険 ★★☆☆☆