この保険の弱点はここだ!オリックス生命「定期保険ファインセーブ」

提供会社:オリックス生命

商品名:定期保険ファインセーブ

この保険の弱点はここだ!!

オリックスでは、全く同じ定期保険を2種類販売している。

1つはネット経由で加入する「ブリッジ」と、従来の代理店チャネル(対面営業)が販売するファインセーブ(本商品)

ブリッジの解説はコチラ(オリックス生命 定期保険ブリッジ)

単純にファインセーブより、ネット経由でのブリッジの方が安い。

ブリッジの方がファインセーブより30~40%程度安いのではないだろうか?

同じ会社で、商品内容としては「全く同じ」なのに「料金が違う」という状態で、これはこれで結構揉めたようだ。

と言うのも、旧来の代理店は保険料の安い「ブリッジ」については販売が出来ず、保険料の高い本商品を売るしかない。




そのためオリックス生命本体は、自社の代理店から

「どう考えてもお客さんをバカにしている」

「ファインセーブの保険料もネット専用のブリッジと同程度まで下げるべき」

と猛批判を浴びた。

そりゃそうだろう。

自分が販売した商品と同じものが、オリックス生命のサイトで入れば、30~40%も安くなるわけで、車で例えれば、トヨタのディーラーが売った車が、トヨタのサイトで30~40%offで買えるようなもの。

お客さんに言わないのも失礼だし、正直に言って「じゃあネットで入ります」と言われるのも痛い。

一番怖いのは、その事実を隠したまま契約をしてもらって、後からバレること。

「同じオリックスでネット契約の方が全然安いじゃねーか!!」

と言われれば信用問題に関わる。

筆者の知人の代理店経営者も、

「つまりは、もう代理店は定期保険を売るということか?」

とかなり怒っていた。

とは言え、オリックス生命も難しいところ。

今後のことを考えれば、ネット経由での販売はやらないわけにもいかない。

そして、ネットで出す以上、安くないと話にならない。

かと言って、今まで自社の商品を売ってくれた代理店たちも無視出来ない。

このような旧戦略と新戦略の「板挟み」はどこの保険会社でもある。

しかし、オリックス生命は批判も覚悟の上でネット経由を始めた。

良し悪しは別にして「良く覚悟したな」とは思う。

しかし、そのネットの商品(ブリッジ)も他のネット生保の「値下げ合戦」についていけず、ネット生保の中では「一番保険料が高い」という評価で、今ではほとんど売れていないらしい。

結論としては自社の代理店を苦しめただけ、ということになってしまった。

ということで本商品の弱点を1つだけあげる。




弱点1 保険料が高い、会社としての整合性がない

前述の通り、本商品(ファインセーブ)もネット専用の「ブリッジ」も他社に比べ保険料が高い。
注:30歳、40歳の年齢帯では、同社のブリッジは、約40%程度割安となっているが、そのブリッジですら他社ネット生保に比べると高い。

どちらの商品も検討する価値はない上、同じ会社、同じ商品内容で「2つの保険料」が存在する事態となっている。

せめて本商品の保険料をブリッジと同等に揃えるべきだろう。

筆者のイメージではオリックス生命は、多少痛みがあっても「やる時はバサッとやる(変える)」という印象があるのだが、本件に関しては放置されているような状態。

定期保険などは、ネット生保の独壇場になってしまっているので、この分野には見切りをつけているのかもしれない。

商品内容

契約年齢:15歳~75歳
保険金額:200万円~5,000万円(100万円単位)
保険期間:60歳~90歳満了(5歳きざみ)、10年~35年(5年きざみ) 最長90歳までとなっている

特約
・災害割増特約(交通事故などで死亡した場合に保険金が上乗せされる)
・傷害特約(障害をおった場合などに保険金が支払われる)

保険料例 保険金額:1,000万円 保険期間:10年
30歳 男性:  1,880円 女性:1,640円
40歳 男性:  2,860円 女性:2,330円
50歳 男性:  5,210円 女性:3,630円
60歳 男性:10,610円 女性:5,630円

検討した方が良い他社商品

タバコを吸わない、血圧に異常がない方は・・・

チューリッヒ生命 定期保険プレミアムDX ★★★★☆

男女ともに45歳までの方は・・・・

メディケア生命 メディフィット定期 ★★★★☆

男女ともに45歳過ぎの方は・・・・

SBI生命 クリック定期!NEO ★★★☆☆

保障期間が短くて良い方は・・・

楽天生命 スーパー定期保険 ★★☆☆☆