この保険の弱点はここだ!住友生命「vitality」

提供会社:住友生命

商品名(特約名):Vitality

 

解説を動画でご覧になりたい方はコチラ

基本商品の競争力

住友生命Vitalityは「商品」というより、「割引オプション」に近い。

いきなり結論を述べるが、この商品にメリットはない。

何故ならこの制度は、同社の「1UP」と「ドクターGO」という商品のみが対象で、このどちらかの保険を契約した上で、有料サービスの「Vitality」を申し込むと、

健康への取り組みに応じて、最大30%保険料が割り引かれる

というものだが、そもそもの「1UP」と「ドクターGO」が他社に比べて30%以上割高なので、

「割り引きされても高いよね」

という感じ。

詳細を見て行こう。

Vitalityの概要

まず、Vitalityを利用するのには毎月「880円」が必要となる。

分かりやすく言えば「アプリ」の使用料という感じ。

これに申し込むと、まず無条件で保険料が15%引きになる。

例えば、毎月1万円の保険料だとすれば、15%offで8,500円(-1,500円)となるので、880円を支払っても得な計算。

この「15%off」は1年目から適用され、以後、毎年のポイント(詳細は後述する)に応じて、2%、もしくは1%の割引が上積みされていき、最大30%までoffされる。

なお、これらの割引はあくまで「新規顧客」だけが対象で、既存の契約者は対象外。

この制度を使いたいのであれば、今の契約を解約して入りなおす必要がある。

「毎年、保険料が変わる」

と言うのは、まるで自動車保険のような仕組みだが、これは南アフリカのディスカバリーという会社が蓄積したビッグデータを元に、ソフトバンクがIT面を支援し、住友生命が商品化したもの。

ディスカバリー社は

・1日1万歩歩く人の死亡率は、歩かない人と比べて〇〇%低い

・スポーツジムに通う人は、そうでない人に比べて病気になる確率が〇〇%低い

などのデータを持っている。

これはディスカバリーが全世界で様々な保険会社と組んでサービスを提供してきた過程で集めてきたもの。

このデータを元に保険料の割引率を決めているのだろう。




しかし、1人1人の契約者が毎日どれくらい歩いているか?ジムに通っているか?などのデータを集めるのは容易ではない。

そこで活躍するのが、スマホと、Appleウォッチなどのウェアラブルデバイス(身に着けるセンサー&通信機)

これで各人のデータを取得し、データセンターで集計し「ポイント化」する、これらのサポートをソフトバンクが行っているのだろう。

また、ジムに関しては「コナミ」や「ルネッサンス」などの大手と組んで、

『会員であれば』毎月ポイントが加算される

ので、実際にどれくらいの頻度で通っているかは関係ないようだ。

このようなポイントを1年間積み上げて、翌年以降の割引に適用される。

「ゴールド」という資格を得ると、翌年最大2%の割引となるので、順調に行けば、9年目には最高割引の30%が取得できる計算。

1年目 15%off
2年目 17%off
3年目 19%off
4年目 21%off
5年目 23%off
6年目 25%off
7年目 27%off
8年目 29%off
9年目 30%off(割引MAX)

なお、これが「シルバー」だと1%、「ブロンズ」だと前年から変化なし「ブルー」だと-1%となる。

ずっと「ブルー」を続けると、逆に保険料+10%の割増になる可能性もある。

ゴールド、シルバー、ブロンズ、ブルーに関しては、あくまで私見ながら、

「普段歩くように心がけている」+「ジムに通っている(本プログラムと提携しているジム)」

ような方であれば、それほど苦労せずにゴールドを取得できるくらいのレベルだと感じる。

他社商品との比較 -「割引き」が利いても他社の方が安い-

冒頭で書いたように、対象となる商品がそもそも高いので、このような苦労をして保険料を下げても、それでもなお

他社の方が安い

というのが悲しいところ。

具体例を見てみる。

下記は、住友生命のVitalityのサイトにあるドクターGOという医療保険の「契約例」である。

これと「ほぼ同じ内容」で、他社だとこうなる。

なお、今回は「ひまわり生命」の医療保険を参考にしている。

医療保険は各社で細かいオプションが多く存在するので、

「条件を完全に一致させる」

のが難しいのだが、両社を比較したメリット・デメリットをまとめると以下のようになる。



1 入院日数の上限

1回あたりの入院の上限が住友180日に対し、ひまわりは120日。

しかし、住友は「がん」の場合だけ180日を超えても入院日数が「無制限」になるが、ひまわりは「がん」、「脳卒中」、「急性心筋梗塞」の3つで無制限になる。

2 がん一時診断金

がんと診断された時に100万円が受け取れる。住友は1回きり。対してひまわりは何度でも受け取れる(但し2年に一回まで)

3 障害損傷のあり/なし

骨折した時に5万円が受け取れる特約(オプション)

住友生命にはあるが、ひまわりにはそもそも同種の特約がない。

4 先進医療の「上乗せ」

先進医療を受けた際、住友では実費に「10%」が上乗せされるが、ひまわりにはそのようなものはない。

トータルでどちらが良いか?ということに関しては意見が分かれるが、筆者としてはひまわりの方が良いくらいだと感じる。

住友が優れているのは「入院上限180日」くらいだが、そもそも180日も入院するケースは稀で、ひまわりの方でも120日保障しているので、それでも十分。

さらには、住友はがんだけが「無制限」だが、ひまわりでは「がん、脳卒中、心筋梗塞」の3つが対象。

筆者の経験上、長期の入院は脳系の病気が多い。そのため、それが無制限の方が安心。

片や180日がメリット、片や脳卒中が無制限であることがメリット。

その点からも甲乙つけがたい。

逆に住友では「がん診断一時金」が1回しか受け取れないのはいただけない。

再発、転移など、がんは「2回目」の方が厄介だし、その時の方が一時金がありがたい。

ひまわりのように「何度でも」というのが今の主流で、その点では「1回だけ」というのはデメリットだろう。

3の骨折5万円と、4の先進の上乗せは細かすぎてどっちでも良いと感じる。

結論として、総合的にはひまわりの商品の方が優れているのに、保険料は9,505円と5,957円とだいぶ違う。

なお、住友の方は「15%off」でこの値段だが、これが割引最大の30%になったとしても、7,980円程度(Vitalityの利用料864円含む)までしか下がらない。

「健康に取り組んで、頑張って9年かけて30%の割引をゲット」

しても他社の方が安いし、内容もやや優れている。というのが悲しい。

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』
をご覧いただきたい。

他社の医療保険の☆評価一覧は、コチラ

感想 -取り組みは素晴らしいが、まだまだ試行錯誤か?-

健康とIT。

それらを組み合わせて、いかに保険料に反映させていくか?

このことは保険業界が抱える大きなテーマで、住友の「Vitality」はそこに果敢に挑んだ挑戦的な取り組みだと感じる。

毎年のポイント管理や、それを反映させて保険料を「上げ、下げ」させるのはなかなか大変。

「良くこれをやろうと思ったな。。。スミセイ」

この業界にいるものとしては素直にそう思う。

しかし、前述の通り、そもそもの商品が弱すぎる。

年齢や性別などによっても保険料は変わってくるので、一概には言えないが、

「30%offされても・・・」

なお、他社の方が安いし、内容も良いケースが多い。

また、このプログラムに参加するために毎月880円かかるのもネック。

年間約1万円の出費となり、これもせっかくの割引分を食ってしまう結果となる。

少々話は逸れるが、今回の取り組みは

「個人情報の収集」

ということも大きな目的だろう。

保険を通じてユーザーの健康情報や行動情報を掴み、それらを協力パートナー(ソフトバンク、スポーツジム、食品会社)などと共有し、マーケティングに活かしていく。

そういった未来の展望を描いているのだろうが、いまどき、このような個人情報は

企業側が金を払ってでも集める

というのが当たり前で、実際、多くの会社が多額のコストを負担して必死にユーザーの行動情報を集めている。

それが逆に「毎月880円払え」というのだから、相当ハードルが高い。

そしてその対価としての割引もダイナミックさにかける。

本気でやるなら、このVitalityを無料で配って、既存契約者でも、新規契約者でも

「健康に取り組むなら、割引きする」

くらいの覚悟が必要だが、そんなことをすれば一気に保険料収入が落ちてしまうので、現実的には難しいのだろう。

非常に面白い取り組みだとは思うが、いささか「アイディア先行」の実利のないものになってしまった。

比較した方がいい他社商品

健康に気を使っている方は・・・

明治安田生命 ベストスタイル健康キャッシュバック ★★☆☆☆

もっと簡単にキャッシュバックを受けたい方は・・・

東京海上日動あんしん生命 あるく保険 ★★★☆☆

 

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』
をご覧いただきたい。

他社の医療保険の☆評価一覧は、コチラ

5 件のコメント

  • あいおい生命→この保険に入りなおしました。内容を読んでこう思いました。大事なのは保険料だけなのか・・・①この記事ではリワードのことが全く触れられてない。確かに、バイタリティとしての特約保険料がかかるのは事実。しかしそれはあくまでもアプリなどのシステム料だと考えてる。その特典はたくさんある。ホテルズドットコムの宿泊料割引、アディダス商品の割引、その他毎週リワード達成によるスタバやローソンのドリンクなどなど。毎日、毎週楽しみにルーレットをまわしてます。普通の保険ははいって終わりですからね。
    ②普通の保険のままでは絶対ないであろう当人の健康への意識改革。一駅分歩いたりジムに通ったり階段を使ったり、食生活も。半年で8キロ痩せて今では健康診断結果も去年とは見違える結果に。なにより健康になりました。総自宅私は良い保険だと思います。

    • りょまちん様

      貴重なご意見ありがとうございます。
      8キロ減量とは凄いですね。羨ましいです。
      おっしゃることは分かります。
      確かにこの商品の取り組みは、新しく、斬新で、記事でも書いた通り「挑戦的な取り組み」だと思っています。
      リワードに関しても充実しているようですね。
      ただ、本サイトの主旨としては、そのような「メリット」は保険会社の広告や営業マンが説明してくれるので、逆に知っておいた方が良い「デメリット」にフォーカスして解説するというもので、本商品に関しては

      「割引が効いても高い(他商品と比較して)」

      ということを述べさせて頂きました。
      「保険料だけ」が大事ではないですが、実際には保険料は多くのユーザーの関心毎ですからね。
      りょまちん様のように本商品の仕組みを上手くご自身のモチベーションにつなげられる方もいっしゃるので、そのような方にとっては良い選択肢だと思います。
      何より、この保険がきっかけで健康になられたのであれば、それは保険料どうこうではなく、素晴らしいことですね。
      ご意見感謝いたします。

  • Vitalityを使っている者です。筆者様のおっしゃる通り、保険料はやや高額です。ただ、やはりリワードとして、ホテルがかなり安く泊まれたり(回数制限はありますが)、スポーツジムが安くなるのは魅力的だと思っています。私自身、ジムが特別割引で約7,000円/月近く安くなっていますので、保険料が若干高くても、トータルで見るとトントンくらいかなと感じています。

    またデータの収集に関しても、個人的には本当に運動習慣と死亡率や生活習慣病への罹患率に影響があるのか、ビッグデータとして日本のデータが得られるのであれば、むしろおもしろいことをやってくれているなーと感じています!

    長文失礼しました。読みやすく、非常に良いポイントをつかれた文章でしたので、利用者からの感想を述べさせていただきました。

  • vitality利用しています。加入してから、意識して歩くようになりました。他の方もコメントしてらっしゃいますが、多少高くても、特典がいっぱいあるので満足しています。また、がん一時金が一度きりと書かれていますが、がんはもちろん、働けなくなったりした場合、保険料免除がついています。私はそこも住友生命を選んだポイントになりました。

  • 今現在vitality利用者です。私はここでコメントを書かれてる皆さんのような住友関係者ではないので保険の内容のような他社と比べてと云う部分ではよく分かりません。ですがこの保険の仕組みには疑問がいっぱいです。まず、アプリをダウンロードしてそのアプリで評価される訳ですが、そのアプリに均一性が無い。Android、iPhone、この二種類でカウントする数値が変わります。これのどこが平等なのでしょうか。vitalityアプリも、データを同期したりしなかったり。iPhoneとapplewatchの組み合わせだと比較的スムーズですが、Googlefitだとバラバラ。保険料を算定するアプリが余りにもお粗末です。applewatchでドラム叩けばドンドン歩数が上がるし、エアドラムでも歩数カウントする、これでOKなの?
    しかもデバイスは割引や補助があるにせよ個人で調達しなきゃいけない。将来ポイント達成すれば幾らまでは補助します程度。どれだけお金がかかるんだって思いました。
    あと、特典も田舎住まいの方には何のメリットもありません。コナミやルネッサンスなんて田舎には無いし、あっても数十キロ車運転して行かないといけない。なんで自分の余暇をそんなものの為に使わなきゃいけないの?と疑問に思う。

    この保険で感じたことは自分の健康管理を意識したということぐらいで、その為にえらい高額な授業料を支払ったような気分です。自己の健康とは統計学で語れるほど簡単な物でなはいです。それを無理やり型にはめようとしている感じがします。統計学では1万歩歩けば良いのかもしれないけど、一方では1万歩は歩きすぎという意見もあります。一歩間違えば誇大広告、運動すれば皆健康とはいかないだろう。
    よくこんなのを保険にしたな~と私も思います。業界トップの日〇なら売らないだろう。

    総じて、あのvitalityアプリのお粗末さは本当に気分が悪い。毎日8000歩以上歩いていても、歩いていないと宣言されるようなものです。それって真面目にやってる人からすれば本当に気分悪いですよ。そういうところから真摯に改善していかないとこの保険、いずれ無くなるんじゃないですかね?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です