この保険の弱点はここだ!明治安田生命「かんたん告知医療保険」

提供会社:明治安田生命

商品名:かんたん告知医療保険

この保険の弱点はここだ!!

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』

年齢・性別毎の保険料が気になる方は、
『緩和型医療保険 各社の保険料比較!!』
をご覧いただきたい。

それでは、この商品の弱点について解説をしていこう。

まあ、普通に考えてこの商品を選ぶ理由はない。

最近の明治安田はエッジの効いた商品を数多くリリースしているのだが、これはひどい。

実際のところ、別に力を入れて売るつもりもなく、

「一応、緩和型医療もラインナップにないとね」

という程度なのかもしれない。




弱点1 10年更新なのに保険料が割高

本商品は緩和型医療としては珍しく10年更新。

つまり、10年ごとに保険料が上がる。

筆者の知る限り、この商品しかない。

それに対して、他社の緩和型医療は全て終身型で、一生涯の保障である上、保険料が変わらない。

普通、10年更新は終身型に比べ、劇的に保険料が安いのが常だが、この商品はそれほど安くもない。

だったら、始めから保険料が上がらない終身型を選んだ方が良いだろう。

なお、医療保険なのに死亡保険金があることで、他社と多少の差別化がされているが、その死亡保険金は

日額の20倍(5,000円なら10万円)

と低額なので、あってもなくてもどちらでも良いレベル。

他にも、以下の3つが標準的に含まれている。

・集中治療室に入った場合、日額が倍に増額
5,000円なら10,000円になる

・がんの場合、入院日数が無制限になる

これらも他社では特約(オプション)扱いなので、差別化と言えばそう言えなくもない。

しかし、いかんせん内容が薄い。

これをもって、保険料が高い理由とはならないだろう。




弱点2 加入1年以内の給付が50%削減

更にこれ。

加入してから1年以内の給付(入院、手術)が50%に削減されてしまう。

例えば、日額5,000円のプランで10日入院した場合、本来であれば5万円(5,000円×10日分)が給付される。

しかし、この入院が1年以内だった場合、50%の2.5万円となってしまう。

なお、この「1年以内50%削減ルール」は、過去の緩和型医療保険には良く見られたもので、ほとんどこれが適用されていた。

しかし、ここ数年(2018年以降)に出てきた緩和型医療保険では、

始めから満額

を謳う商品が多く、50%削減は古いタイプになってきている。

そのため本商品も「旧型」に分類される。




弱点3 三大疾病無制限特約が「ない」

医療保険には通常「支払限度日数」というものがある。

例えば、1入院60日など、1回の入院で受け取れる上限が決まっているのである。

それに対して、三大疾病無制限特約(呼び方は会社によって違う)というものがあり、この特約(オプション)を付けておけば、

・がん
・急性心筋梗塞
・脳卒中

の3つに限り、日数の上限が撤廃され「無制限」となる。

入院で一番のリスクは「長期入院」

特に、脳系の病気は入院期間が長くなるので、そんな時、この無制限特約が効く。

この三大無制限特約はメジャーなオプションで、通常の医療保険ではだいたいどこの会社でも用意されているし、最近では緩和型医療保険でも、これを提供している会社が増えてきた。

しかし、この商品においては「ない」

ないので、付けようがなく、つまり本商品では長期入院には対応できない。ということになる。

なお、がんだけに限定した「がん入院支払日数無制限」はある。

しかし、がんだけではかなり限定的だと感じる。

範囲の広い三大無制限がないのは、医療保険としては片手落ちだと言わざるを得ない。

 

特約 Good & Bad!!

緩和型医療、集中治療室上乗せ、死亡、がん無制限がワンセットになっており、特約(オプション)は特にない。

比較した方が良い商品

アクサダイレクト生命 はいりやすい医療 ★★★☆☆

オリックス生命 医療保険 CURE Support Plus[キュア・サポート・プラス] ★★★☆☆

メディケア生命 メディフィットRe[リリーフ] ★★★★☆

ネオファースト生命 ネオ de いりょう 健康プロモート ★★★★☆

 

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』

年齢・性別毎の保険料が気になる方は、
『緩和型医療保険 各社の保険料比較!!』
をご覧いただきたい。

各社の緩和型医療保険の一覧はコチラ