この保険の弱点はここだ!メットライフ生命「終身医療保険 フレキシィゴールドS」

提供会社:メットライフ生命

商品名:終身医療保険 フレキシィゴールドS

この保険の弱点はここだ!!

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』

年齢・性別毎の保険料が気になる方は、
『緩和型医療保険 各社の保険料比較!!』
をご覧いただきたい。

それでは、この商品の弱点について解説をしていこう。

この商品でないと、というほどでもないが、この商品に入ると聞いて、止めるほどでもない。

そんな感じ。

そもそもメットライフは、

「圧倒的にナンバーワン!!」

というような商品がないかわりに、どの分野の商品でも

「上位5位以内には入る」

というものが多い。

この商品もそんな感じ。

保険料はこの分野のトップランナー(主に保険料の観点から)のオリックスアクサダイレクトメディケアなどより1,2割高いし、特約の種類はネオファーストなどには及ばない。

保険料、保障内容ともに「そこそこ」というところ。

良く言えば、手堅くまとめた。悪く言えば、特に売りがない。

そんな感じか。

では具体的な弱点を見てみよう。




弱点1 保険料は少々「高い」

前述の通り、決して保険料が安い方ではない。

かと言って高い方でもない。

また、特約(オプション)がそれなりに豊富で、「安さを売り」にしている他社の商品にはないようなものもあるため、それらを色々くっつけているうちに保険料が安いのか高いのか、良く分からなくなってしまう。

シンプルに入院の保障だけで良いのなら、別にこの商品にこだわる必要はない。

弱点2 外来手術が1.25万円

外来で手術を受けた時の給付金は、他社では2.5万円のところが多いが、この商品では1.25万円。
(どちらも日額5,000円の場合)

他社の半分、ということで明確な弱点と言える。




弱点3 先進医療特約が10年更新

これも分かりやすい弱点。

先進医療特約は保険適用外の先進医療を受けた際、その実費を負担してくれる特約。

今や医療保険には標準的に装備されている機能だが、会社によって

・10年更新(10年ごとに保険料が上がる)

・終身型(一生涯保険料が変わらない)

の2種類がある。

現時点では先進医療に関する保険会社の支払いは、それほど多くなく、そのため緩和型医療保険でも、先進医療特約は200円/月程度で提供されている(ちなみに通常の医療保険では100円/月程度)

しかし、今後は先進医療を受ける人は増加することが予想されており、そうなると保険会社への請求も増える。

当然、保険会社は先進医療特約を値上げしてくるだろう。

10年更新の場合、ほぼ確実に保険料が上がる。

契約者からすれば、「安いうちに」一生涯同じ保険料を約束してくれる終身型の方が良いだろう。

 

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』

年齢・性別毎の保険料が気になる方は、
『緩和型医療保険 各社の保険料比較!!』
をご覧いただきたい。




特約 Good & Bad!!

good:三疾病入院延長給付特約

がん、心疾患、脳血管疾患で入院した場合、1入院の上限60日が撤廃され、無制限となる。

特に脳血管疾患(脳卒中など)は入院が長期に及びことが多い。

保険は「本当に困った時のため」に入るもの。

医療保険に関しては、長期入院が一番怖い。

この特約は付けておいた方がベター。

Good:がん診断給付特約

がんと診断された時にまとまった一時金が受け取れる特約。

緩和型医療の特約でこれが用意されているのは珍しい。

「がんの保障が欲しい」と思っていても、持病のせいで入れない人が多い。

そのような方々に選択肢を提示出来ていることは素晴らしい。




Bad:健康祝金特則

5年間で、「10日以上の入院」がなかった場合、お祝い金が受け取れる。

40歳 男性で、この特約の保険料は550円/月。

5年間で3.3万円を支払い、5万円のお小遣い。1.7万円儲かるので悪くない話のような気もする。

しかも他社の同様の特約は「無事故(入院しなかったら)」お祝い金を受け取れるというルールなのに、こちらでは「10日以内の入院はカウントしない」と言う。

が、大きな落とし穴がある。

この特約は一度入ると解約できない

5年ごとに1.7万円儲かっても、どこかで入院すればその時の「5年分」3.3万円は没収される。

長い人生のどこかで儲けを回収される可能性が高い。

そもそもこの保険は緩和型医療。

持病があって、入院するリスクが高い方向けの保険

なのだから、加入する人も、そう思って(自分は入院するリスクが高い)割高の保険料を負担しているはず。

しかし、目の前に「お祝い金」をぶら下げられると、何故か

自分だけは10日以上の入院はしない

と思い込んでしまう。

このあたりは、人間のご都合主義が出ていて、何とも面白い。

医療保険は医療保険。

おこづかい稼ぎのためではない。

このような特約は、保険本来の目的がズレてしまうので、必要ないと思う。




Bad:通院給付特約

一言で言えば、ワリが合わない。

40歳 男性、通院一回あたり3,000円を受け取れるプランで、+879円/月

年間10,548円、10年間で10.5万円。

10年間で36回通院(3,000円×36回=10.8万円)しないと元が取れない計算。

30年間で言えば、108回。

そんなに通院するか?というのが率直な感想。

なお、この通院は「入院した病気に関する退院後の通院」に限られている。

当然、風邪や腹痛などの通院は支払い対象にはならない。

また、給付金も3,000円程度なので、あってもなくてもどちらでも良いのではないか?

筆者は必要ないと考える。

Bad:骨折診断一時金特約

骨折すると5万円貰える。

40歳 男性で+465円/月の保険料が必要。

年間5,580円。10年間で5.5万円、20年で11万円、30年で16.5万円

30年間で4回骨折すれば得をする計算。

必要だと思うなら入れば良い。

こんな不運が続くなら、私ならお祓いに行くが・・・

比較した方が良い商品

アクサダイレクト生命 はいりやすい医療 ★★★☆☆

オリックス生命 医療保険 CURE Support Plus[キュア・サポート・プラス] ★★★☆☆

メディケア生命 メディフィットRe[リリーフ] ★★★★☆

ネオファースト生命 ネオ de いりょう 健康プロモート ★★★★☆

 

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』

年齢・性別毎の保険料が気になる方は、
『緩和型医療保険 各社の保険料比較!!』
をご覧いただきたい。

各社の緩和型医療保険の一覧はコチラ