この保険の弱点はここだ!チューリッヒ生命「定期保険プレミアムDX」




提供会社:チューリッヒ生命

商品名:定期保険プレミアムDX(定期保険)

この保険の弱点はここだ!!

チューリッヒはスイスを本拠地として、ワールドワイドに保険事業を営んでいる。

日本では自動車保険などのイメージが強いが、生命保険の分野も医療保険を中心に開拓している。

定期保険でもなかなか意欲的な取り組みをしていて、2019年8月現在の状況で言えば、「最安値」に近い保険料を提示している。

但し、いくつか条件がある。




弱点1 非喫煙健康体型割引が使えないと話にならない

まずは以下の表を見て頂きたい。

死亡保障1,000万円、保障期間10年で男女ともに30歳から10歳刻みで60歳までを比較したもの。

・死亡保障1,000万円。男女 30歳、40歳、50歳、60歳の比較

各年齢でチューリッヒより「安い保険料」は赤字にしている。

チューリッヒの定期保険には2つの保険料形態がある。

非喫煙健康体型と標準体型

非喫煙健康体型は

・タバコを吸わない
・血圧に異常がない

という2つの条件を満たした場合にうけられる「割引価格」で、これが他社と比べると相当安い。

しかし、これをクリア出来ないと「標準体型」となり、この保険料はバカ高く、とても他社と勝負出来る金額ではない。

チューリッヒ自身も「非喫煙」+「標準体型」を満たす人だけをターゲットにしているのだろう。

つまり最安値と言っても「条件付」である。

タバコを吸う、血圧がちょっと高い、という方はそもそもこの保険には適合せず、ライバルであるメディケアやSBI生命などの方が良いだろう。

なお、上記の表を見ると楽天のスーパー定期も安い印象を受けるが、この商品は30歳、35歳など「5歳刻み」で保険料が上がる仕組みで、その年齢をまたぐと保険料がUPするという特殊な商品。

他の商品は全て10年間保険料が上がらないが、楽天だけは頻繁に保険料UPを迎える。

入った時は安いが、すぐに保険料が上がる

という特性があるので、「トータルでいくら支払うのか?」ということをしっかり検討した方が良い。

このあたりの詳細は「プロの超分析!!楽天生命 スーパー定期」をご参照頂きたい。




弱点2 若い年齢層の女性で弱い

表を見ても、30歳女性、40歳女性では

割引制度を適用しても

保険料で他社に負けている。

これらの方々はチューリッヒを選ぶ理由はないだろう。

検討した方が良い他社商品

タバコを吸う、血圧が高い、もしくは低い方は・・・

メディケア生命 メディフィット定期

SBI生命 クリック定期!NEO

保障期間が短くて良い方は・・・

楽天生命 スーパー定期

30代、40代の女性は・・・・

メディケア生命 メディフィット定期

SBI生命 クリック定期!NEO