この保険の弱点はここだ!エヌエヌ生命「クオリティ ディーディー」

提供会社:エヌエヌ生命

商品名:クオリティ ディーディー

この保険の弱点はここだ!!

クオリティディーディーは、特定疾病定期という分野に分類される商品。

がん、急性心筋梗塞、脳卒中の3つの病気、及び死亡時の保障である。

支払用件は以下の通り

1 がん 診断(がんです。と言われただけでOK)
2 急性心筋梗塞 60日以上の労働制限
3 脳卒中    60日以上の言語障害/麻痺
4 死亡  注:但し、保険金は責任準備金のみ(解約した時の返戻金とほぼ同等だと思って良い)

保障内容としては、シンプル。

なお、本商品は保険期間によって、保険料を「全額損金」、「6割損金」、「4割損金」から選択することが出来るが、どのプランを選択しても、節税にはならない。

保険料の全部、もしくは一部が損金として処理出来るので、保険料を支払っている間の「目先の節税」にはなるが、返戻金は最高でも50%台後半くらいなので、純粋な保険料として、支払った保険料の4,5割は失っている。

「保険料の一部を税金が補助してくれている」

その程度に考えた方が良いだろう。

このあたりの考察は以下コラムに詳しい。

参考コラム:法人保険の「節税」今、昔。原則的に保険で節税は出来ないよ、という話

さて本商品だが、筆者の個人的な感想では、「なかなか評価が難しい」と思っている。

表面的なスペックだけを見ると「悪い商品」と言えるのだが、別の角度から見ると「良い商品」とも言えなくもない。

まず「弱点」にて、悪い点を解説し、その後「この保険の弱点こう考えろ!!(解決策)」にて、良い点を考察していきたい。

では、まず弱点(デメリット)から。

弱点1 急性心筋梗塞、脳卒中の支払用件が厳しい。

本商品では、

・急性心筋梗塞 「60日以上の労働制限」
・脳卒中    「60日以上の言語障害/麻痺」

に該当しないと保険金が支払われないが、他社では「手術」をすれば支払われたり、もしくは手術をしなくても「10日(20日という会社もある)以上の入院」でも支払う。

これは大きな違いだろう。

実際のところ、急性心筋梗塞で「60日以上の労働制限」となるようなことはほとんどない。

心臓の構造はわりと単純で、詰まっているところを「通して」あげれば、その瞬間から良くなることも多く、長くても2週間程度の入院で退院するからだ。

もちろん「心機能全体が弱まってしまい、医師の長期的な観察・管理が必要」ということもなくはないが、まあ、少ないかな。という感じ。

むしろ、脳卒中の方が「60日以上の言語障害/麻痺」は起こりえる。

ただこれも、幸いにして発見が早く、すぐに手術をしたような場合、麻痺などが残らないこともかなり多いし、脳梗塞などであれば薬で症状が改善する場合もある。

このような場面だと、他社は払うのに、エヌエヌは払わない(60日以上の言語障害/麻痺ではないため)ということになり、保障スペックとしては「かなり」劣る。

エヌエヌの担当者に聞いても、

「実際に支払っているのは、がん7割、脳卒中3割という感じで、急性心筋梗塞はほとんどないですね」

とのことだった。




弱点2 死亡保険金が責任準備金

本商品では、死亡時には責任準備金しか払われない。

例えば、がん、急性心筋梗塞、脳卒中で1億円支払うプランの場合、それに比べて責任準備金はかなり少なくなる。

なお、責任準備金は保険期間によっても変わる。

保険の終わりが65歳以下であれば「ほとんどない」が、80歳くらいに設定している場合「支払った保険料の50%前後」はあるという感じ。

だが、いずれにせよ「自分が支払った保険料の範囲内」でしかなく、しかも最高でも支払った保険料50%程度。

対して、他社の商品では、死亡時の保険金はがん、急性心筋梗塞、脳卒中の時と同額だ。

先の例で言えば、がんで1億円なら、死亡時にも1億円支払う。

そのため、「入ってすぐ死んだ」というような場合、他社は1億円、エヌエヌは「ほとんどない」ということになる。

これも他社に比べて大きく、見劣りする。




弱点3 エヌエヌという保険会社はどうなのか?

以下参照

保険会社総論

この保険の弱点、こう考えろ!!(解決策)

以上、述べてきたように、保障内容としては他社の同種商品に比べ、かなり劣っているが、反面、保険料は安い。

厳しい言い方ではあるが「安かろう、悪かろう」ということなのだが、この場合、悪いことばかりでもない。

本商品、基本的には法人向けであるため、加入するのは社長や役員などだろう。

このような立場にある者が、がんや急性心筋梗塞、脳卒中に罹患し「戦線離脱」した時のために、法人が保険に入る。

要は指揮官不在の間をしのぐために、当座の軍資金を用意するためのものだ。

本商品、がんの場合は、他社の商品と同じように「診断」だけで支払われるが、前述の通り、急性心筋梗塞、脳卒中には厳しい。

だが「別にそれで良いんじゃない?」という考え方も出来る。

と言うのも「最悪のケース」は経営者、役員の「長期の先生離脱」であり、極めて短期で、例えば心筋梗塞/脳卒中を起こしても1,2週間程度で復帰できるのあれば、企業経営の面からすれば問題ない。

むしろ、保険金を受け取れたとしても、経営幹部が長期離脱してしまう方が死活問題だろう。

結局のところ、1億、2億程度の保険金が企業の「延命」にはなっても、そのお金自体が経営者の代わりになれるわけではない。

このような論点から言えば、

短期で復帰できるならそれで良し、長期になった時のみ保険金で凌ぐ

と割り切って考えても良い。

その点、本商品は保障内容が良くないかわりに、保険料は安いので「最悪の場合」だけに備えるなら負担が少ない方が良いとも言える。

もちろん、実際、心筋梗塞や脳卒中になれば、痛い思い、怖い思いをした分「ああ、他の保険会社の商品に入っておけば良かったなぁ」と後悔はする。

このあたりは、お金だけでなく人の心理の話でもあるので、なかなか難しいが「何のための保険か?」、「本当に困った時のためだ」そう合理的に考えることが出来るなら、本商品も悪くはないと思っている。

口コミ・評判(販売側から)

某乗り合い代理店経営者さんからの口コミ

・50代にもなると、人付きの多い社長などでは「がんとか脳卒中とか、急性心筋梗塞で死んだ友人、仲間」などが出てきて、「ああ、俺も何か準備しておいた方が良いのかなぁ」などと思うようだ。エヌエヌのクオリティDDは3大疾病で一時金がドカンと出るし、保険料の50%程度は貯まっているので、「掛け捨てではない」という点で社長うけが良い。また保険料も他社のものと比べると安いので、保障重視が欲しい、という場合にはトントン拍子で決まることが多い。確かに支払い条件は結構ハードルが高いが、あまり気にしない人が多いし、こちらも「3大疾病で一時金」というようなざっくりとした説明しかしていない。契約後に支払うのは、実際にはガンがほとんどで、経営者は普段から色々薬を飲んだりサプリを飲んだりしているので、血管が詰まる心筋梗塞や脳卒中は少ないのだろう(あくまで、この方の個人的な感想)

謝礼Amazonギフトカード300円!! アナタの口コミ教えて下さい!!
保険会社勤務、代理店勤務の方でも、販売現場の情報や、当サイトで指摘していない弱点(デメリット)などには謝礼(amazonカード300円)をお支払い致します。

口コミ・評判(契約者から)

なし

比較した方が良い商品

SOMPOひまわり生命 特定疾病保障保険 ★★★☆☆

編集後記

約款