この保険の弱点はここだ!SOMPOひまわり生命「健康をサポートする医療保険 健康のお守り」

提供会社:SOMPOジャパンひまわり生命

商品名:健康をサポートする医療保険 健康のお守り

 

この保険の弱点はここだ!!

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』
をご覧いただきたい。

なかなか強いのが出てきたな。という印象。

SOMPOひまわり生命が2020年6月に医療保険をリニューアルして販売した新商品。

「新・健康のお守り」から「健康をサポートする医療保険 健康のお守り」と名称を変更している。

以前の「新・健康のお守り」は本サイトでもわりと厳しい評価で、一言で言えば「古い」という感じだった。(以前の商品の解説はコチラ)

がんや心筋梗塞、脳卒中の三大疾病の時にうけとれる一時金(三大疾病一時金)が「2年に1回」しか受け取れず、他社の「1年に1回」という内容から大きく引き離されていたし、細かいところでも周回遅れ、さらには保険料も安くはない。

本商品ではそのような前バージョンの欠点を克服し、保険料も引き下げ。

更に介護系の保障を追加している。

また、最大の特徴は、引受基準の改定。

要は

「加入しやすくなった」

ということ。

例えば以前は目の病気について告知をすると、

「加入は出来ますが、目の病気に関しては3年間は入院や手術をして給付金は払いません」

という「不担保」という条件が付いた。

それが、一気に緩和されほとんどの病気で「何も条件はつけない」ということになった。

今まででは「不担保」になっていたケースの80~90%程度が無条件になるそうだ。

そうなると「今までは何だったんだ?」という気もしなくはないが、緩和自体は契約者にとってはプラスだろう。

しかしながら、ひまわりは何とも動きが緩慢。

損保を親会社に持つ生命保険会社はどこも動きが遅いのだが、ひまわりは「特に遅い」という感じで、この医療保険も

改良するまでに何年かかってんだよ・・・

という気がしなくもない。

が、長年の恨み(他社に負けていた)を晴らすように大改革をした。という感じだろう。

では、弱点を見ていきたい。

とは言え、他社動向も踏まえて開発されているので、スペック的にはそこまでの弱点はない。

ほぼイチャモンに近い。

まあ、総じて高評価ということではある。弱点を挙げへつらう本サイトとしては悔しいが・・・




弱点1 いちいち名前を変える

医療保険を販売している会社は多いが、数年おきに商品名を変えて「新シリーズ」っぽく商品をリリースする会社と、看板商品を地道にバージョンアップしていく会社がある。

ひまわりは前者。

後者にはアフラックなどがある。

ポイントは「昔からのお客さん」

新シリーズになってしまうと、旧シリーズに加入していた契約者は新シリーズで用意されているオプション(特約)などは契約出来ない。

そうなると「入りなおす」ということになる。

当然年齢が上がっているので保険料も上がる。

その点、商品名を変えずにバージョンアップされれば、古い契約者も新しいオプションを追加出来る。

若い頃に入った安い契約をベース部分として、自分のニーズに応じて保険を「進化」させることが可能なのである。

筆者としてはこのような商品に好意を持つ。

本当に契約者のこと、特に自社を支えてくれた古いお客さんのことを考えているからだ。

だが、本商品は違う。

サラッと新しい名前を名乗っている。

冒頭でも書いたが、悪い商品ではないが、これとて数年も経てば他社にキャッチアップされ追い付かれ、追い抜かれるだろう。

そうなった時に「また新しい商品」に看板を書き換えられると、昔のお客さんは置いていかれてしまう。

まあ、こればかりは各社のスタンスだし、ひまわりだけでなく、そういう会社は多い。

しかし、新商品が出て、

他の医療保険とはここが違います!!

とプロモーションする度に、

自社の以前のお客さんは?

と思わなくもない。




弱点2 医療用総合生活障害保障特約はオーバースペック

「働けない」という状態を想定した特約。

以下のいずれかに該当した場合、契約時に決めておいた年齢(65歳など)まで毎月、総合生活障害年金が受け取れる。

・がん(悪性新生物のみ):診断
・急性心筋梗塞:60日以上の労働制限または手術
・脳卒中:60日以上の後遺障害または手術
・慢性腎不全:永続的な透析治療、腎臓移植術
・肝硬変:食道静脈瘤または胃静脈瘤の破裂、手術、肝臓移植術
・糖尿病:網膜症の手術、壊死による切断術
・高血圧性疾患:大動脈瘤または大動脈解離の破裂、手術
・障害等級2級以上(精神障害は除く)
・要介護3以上(65歳未満は所定の要介護状態が180日以上継続)
・高度障害状態

率直に言って、かなり手厚い(条件は良い)

だが、その分、保険料が高い。

65歳まで10万円を受け取る場合。

30歳男性 +8,230円
30歳女性 +9,120円

内容は良いが、保険料は高い。

はっきり言ってオーバースペックだろう。

例えば「がん」

がんと診断されただけで、毎月10万円を65歳まで受け取れれば「嬉しい」が、実際、がんになってもその多くはすぐに職場に復帰する。

収入も減っていないのに、毎月給付する必要はない。

これに入るなら、一般的な就労不能保険の方が安いし効率的。

就労不能保険は「本当に困った時にもらえる」ことが大事で、働けるなら別に必要ない。

また、本商品では一度給付が始まると、たとえ「働けるようになっても」ずっと貰える。(そのため保険料が高い、という面もある)

別にそこまでカバーしなくても「働けない時期」だけ受け取れれば十分ではないだろうか?

他社を意識するあまり「好条件」ばかりに捉われて、保険料が高くなってしまった。

「別にそこまでは求めていない」

という好例だろう。悪い意味で。




弱点3 介護一時金特約、これに入るなら自分で貯めておけば?

要介護1になった時に一時金を受け取れる介護一時金特約。

要介護1から、というのは他社に比べて条件が良い(他社では要介護2からが多い)

条件が良い分、保険料は高い。

介護一時金500万円を付加した場合

30歳男性 +2,950円
30歳女性 +3,300円

例えば30歳の男性の場合、毎月2,950円を追加で負担しないといけないのだが、これは年間+35,400円。

実際の要介護1に認定されるのはデータ上、75歳前後であることが多いので、この保険料を30歳から75歳まで、約45年負担しないといけない。

トータルは約160万円。

160万円を支払って500万円を受け取れるのだから、保険としては悪くないように感じる。

しかし、実際に介護のお世話になる人は3人に1人程度(男性の場合)

つまり、この特約は男性3人で160万円×3人=480万円を支払って、そのうちの「誰か」が、総取りするような仕組み。(保険全般が似たようなものだが)

160万円。

結構高くない?

というのが率直な感想。

3人に1人というのも確率としては高いが、逆に言えば3人に2人は「ならない」ということ。

160万円を捨てる可能性が2/3なら、自分で貯めておいて、運用でもしておいた方が良いのでは?とも思う。

筆者としては、介護は保険で対策するのではなく自助努力(自分で貯める)の方が合理的だと思っている。

特に若い方の場合「介護」という老後の一部分のリスクだけにとらわれず、老後全体(自分の介護だけでなく、親や配偶者など)のリスクも見据えて資産形成するべきだろう。

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』
をご覧いただきたい。

他社の医療保険の☆評価一覧は、コチラ




商品の構成について

入院日額

3,000円~20,000円から選択可能

入院支払限度日数

40日、60日、120日から選択可能

手術給付金

手術の内容に応じて、日額の40倍、20倍、10倍、5倍
放射線治療・先進医療手術 日額の10倍
骨髄ドナー 日額の20倍(1回のみ)

なお、手術給付金不担保特則をつけることで「手術給付金なし」にすることも可能。

参考例:
30歳男性 日額5,000円 60日型
手術あり:1,325円 手術なし:805円

死亡保険金

死亡保険金倍数を日額の0倍(なし)から100倍まで選択可能

参考例:
30歳男性 日額5,000円 60日型 手術あり
0倍:1,325円 100倍:3,530円

日額5,000円の場合、死亡保険金を100倍にしても50万円程度。
たかだか50万円の死亡保障に、毎月2,205円も払うのであれば、他にちゃんとした保険(終身保険)などに入った方が良いだろう。

ここまでが主契約(メイン部分)の保障の範囲になる。

以下、特約の説明にうつる。




医療用健康回復支援給付特約

高血圧症、脂質異常症、高血糖症のいずれかの投薬治療をうけたときに、健康回復支援給付金が受け取れる。

給付金額は、1万円~5万円で設定可能。

支払は1回限り。

なお、この特約に加入した場合、生活習慣病重症化予防プログラム「Ship」を2か月間、無料で受けることができる。

ShipはPREVENT社が提供する有料サービスで(電話サポート 5,000円/月、アプリ 600円/月)という健康改善のアドバイスサービス。

血圧、脂質、血糖値、どれも高いのは万病のもとではあるが、別にそれになったからといって1万、5万円程度を貰っても仕方ないだろう。

薄味の意味にない特約。

医療用入院一時金特約

病気やケガで入院した時に、入院一時金が受け取れる。

一時金は、1万円~20万円で設定可能。

参考例:
入院一時金10万円を付加した場合。
30歳男性で+850円/月
30歳男性で+850円/月

医療用女性疾病入院特約

以下の女性特有の病気で入院した場合、日額に給付金が上乗せされる(日額+5,000円など)

・女性特有の病気(子宮筋腫など)
・女性に多い病気(膀胱炎など)
・すべてのがん(上皮内新生物も含む)

給付金日額は、1,000円~10,000円から設定可能(ただし、主契約の日額以下で設定)

30歳女性で、特約日額5,000円を付加すると、毎月+500円。




医療用新三大疾病一時金特約

・がんと診断(2回目以降は入院)
・心疾患で入院
・脳血管疾患で入院

この3つのケースで一時金が受け取れる。

一時金の金額は、日額の10倍~200倍で設定可能。

日額が5,000円であれば、5~100万円ということ。

各疾病ごとに1年に1回を限度に何度でも受け取ることができる。

旧商品の特約より疾病の範囲、支払回数が改善され、現状の他社の特約と比較しても、保障内容はトップレベルになっている。

参考例:
一時金50万円を付加した場合
30歳男性で毎月+1,040円
30歳女性で毎月+ 910円

保険料水準は、まあこんなところ、もしくはちょっと安いかな。というi感じ。

旧商品からの一番のリニューアルだろう。

医療用新先進医療特約

保険適用外の先進医療を受けた場合、実費を最大2,000万円まで補償してくれる。

医療保険のオプションとしては一般的なもので、保障内容、保険料ともに他社と同水準。

先進医療は今後もっと増えていくし、利用することも多くなるだろう。

現時点では先進医療特約は+100~150円/月くらいで付けられるが、それは「請求が少ない(保険会社がそれほど払っていない)」から。

今後はそうはいかない。

そのため保険会社によっては、将来の支払増に備えて、先進医療特約だけは「10年更新」にしているところもある。

だが契約者からすれば、ずっと保険料が変わらない方が良い。(終身タイプ)

本商品の先進医療特約は後者で、一度入ってしまえば保険料はずっと変わらない。その点は高評価。

先進医療特約についての詳細は以下の記事をご参照いただきたい。
先進医療特約は「終身型」を選びなさい!!




医療用手術増額特約

手術を受けたときに、主契約の手術給付金に加算して、手術増額給付金が受け取れる。

給付金額は、1万円~20万円で設定可能。

手術の種類に応じて(難しさ)、給付金額の50%または100%が受け取れる。

参考例:
給付金10万円を付加した場合
30歳男性で、+800円

うーん、まあなんだろう。別に手術給付金を増額することにあまり必然性は感じない。

別に必要はないのでは?という印象。

医療用通院特約

病気やケガで入院し、退院後に通院した場合に、通院給付金(日額×日数)が受け取れる。

給付金日額は、1,000円~10,000円で設定可能(ただし、主契約の日額以下)

なお、注意が必要なのは「どんな通院でもOK」ではない。

条件は、

・「退院日の翌日から180日以内の通院」

  かつ(and)

・「入院の原因となった病気の治療(関係ない病気はダメ)」

の通院であること。

参考例:
通院給付金5,000円の特約を付加すると、
30歳男性で、+335円
30歳女性で、+390円




医療用新がん診断給付特約

がんと診断された時に、がん診断給付金が受け取れる。

がん診断給付金は、日額の10倍~200倍まで設定可能

日額が5,000円であれば、5~100万円ということ。

1年に1回を限度に何度でも受け取れる。

旧商品では、2年に1回を限度としていた「弱点」が改善された。

なお細かい話だが、がん一時金は他社では2回目以降は「入院しないとダメ」というところが多い。

しかし、本商品では、入院の他に外来治療(手術、放射線療法、化学療法、疼痛緩和療法)でも支給される。

その点はgood

参考例:
診断給付金50万円の特約を付加すると
30歳男性で、+730円
30歳女性で、+805円

ただ、この特約を付けるのであれば、がんだけでなく「脳」、「心臓」もカバーできる三大疾病一時金の方が良い気がする。

医療用新がん外来治療給付特約

がんと診断され通院治療を行ったときに、1日〇〇〇〇円(1日1万円など)という形で給付金を受け取れる。

支払限度は1年間で120日となる。

参考例:
日額5,000円の特約を付加すると
30歳男性で、+260円
30歳女性で、+310円

なお、この特約は、新がん診断給付特約をセットしないと付けることができない。

がんで通院した場合の特約だが、筆者は「1回5,000円くらいもらっても仕方なくない?」とは思うが、好きな人は好きなオプションではある。

追加のオプション料も別に高くはないでの、付けるなら付ければ、という感じ。




医療用がん入院特約

がんで入院したときに、日額に上乗せされて給付金を受け取れる。

主契約 日額5,000円/日 → がんで入院した場合 日額10,000円/日など

給付金日額は、1,000円~10,000円から設定可能(ただし、主契約の日額以下で設定)

参考例:
日額5,000円を付加した場合
30歳男性で+200円/月
30歳女性で+165円/月

まあ保険料も安いので、がんを心配している人にとっては良い特約なのでは?と思う。

医療用抗がん剤治療給付特約

がんの治療のため抗がん剤治療を受けたときに、月ごとに抗がん剤治療給付金が受け取れる。

がんによる就労不能(働けない)をカバーするオプション。

なお、保険適用外の自由診療の抗がん剤治療の場合、月額が2倍となる。(但し12ヶ月が限度)

基準給付月額は、1万円~30万円で設定可能。

参考例:
月額10万円を付加した場合
30歳男性で+500円/月
30歳女性で+930円/月

保険料も手ごろ。良いいオプションだと思う。

実際に「がんで働けない」という人は多い。

筆者のお客様でも何年も闘病して、働けずに生活費にも困った。という方が何人もいる。

残念ながら、皆さん亡くなってしまったが、その時に心細さは半端ではない。

例え10万円でも入ってくるなら、それに越したことはない。




医療用保険料払込免除特約

次の事由に該当した場合に、以後の保険料が免除される。

・がん:診断
・心疾患:入院または手術
・脳血管疾患:入院または手術
・慢性腎不全:永続的な透析治療、腎臓移植術
・肝硬変:食道静脈瘤または胃静脈瘤の破裂、手術、肝臓移植術
・糖尿病:網膜症の手術、壊死による切断術
・高血圧性疾患:大動脈瘤または大動脈解離の破裂、手術
・障害等級2級以上(精神障害を除く)
・所定の就労不能状態
 注:所定の就労不能状態とは、保険会社の定める身体障害状態。

「わりと範囲が広く、支払い免除にはなりやすいだろうな」という感じではあるが、追加される保険料も高い。

医療保険そのものが別にそこまで高いものではないので、筆者としては、

「保険にさらに保険をかける」

ような払込免除には、あまり必要性は感じていないが、好きな人は好き。

医療用特定疾病診断保険料免除特約

本商品では払込免除にも2種類ある。

先の医療用保険料払込免除と、この「医療用特定疾病診断保険料免除」

2つもある必要あるか?

とは思うが、豪華版と簡素版という感じだろう。

次の事由に該当した場合に、以後の保険料が免除される。

がん(悪性新生物のみ)と診断
急性心筋梗塞で60日以上の労働制限または手術
脳卒中で60日以上の後遺障害または手術

他社とも大差ない一般的な払込免除の特約。




医療用総合生活障害保障特約

以下のいずれかに該当した場合、特約の保険期間満了まで毎月、総合生活障害年金が受け取れる。

・七大疾病で所定の事由
・障害等級2級以上(精神障害は除く)
・要介護3以上(65歳未満は所定の要介護状態が180日以上継続)
・高度障害状態

参考例:
保険期間65歳、年金月額10万円を付加した場合
30歳男性で+8,230円
30歳女性で+9,120円

七大疾病で所定の事由とは以下の通り。

がん(悪性新生物のみ):診断
急性心筋梗塞:60日以上の労働制限または手術
脳卒中:60日以上の後遺障害または手術
慢性腎不全:永続的な透析治療、腎臓移植術
肝硬変:食道静脈瘤または胃静脈瘤の破裂、手術、肝臓移植術
糖尿病:網膜症の手術、壊死による切断術
高血圧性疾患:大動脈瘤または大動脈解離の破裂、手術

詳細は弱点2で解説

医療用介護年金特約

要介護3以上、高度障害に該当場合、一生涯の介護年金が受け取れる。

介護年金は、36万円~500万円で設定可能

条件は厳しめ。他社では要介護2以上からというものある。

年金額100万円を付加した場合
30歳男性で+2,000円
30歳女性で+3,000円

要介護3以上、という「かなり症状が重い」&「レアケース」だけに絞って、この特約を付ける理由はないように感じる。

介護一時金特約

以下のいずれかに該当した場合、介護一時金が受け取れる。

・要介護1以上
・要介護状態が、180日以上継続
・高度障害状態

介護一時金は、10万円~500万円で設定可能

介護一時金500万円を付加した場合
30歳男性で+2,950円
30歳女性で+3,300円

詳細は弱点3で解説。

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』
をご覧いただきたい。

他社の医療保険の☆評価一覧は、コチラ