プロの「超分析!!」 明治安田生命「じぶんの積立 」




提供会社:明治安田生命

商品名:じぶんの積立

この保険の弱点はここだ!!

明治安田生命の「じぶんの積立」は、5年間保険料を積み立てる商品。

保険料は5,000円~選択できる。

その特徴は以下の4つとなる。

1 いつ解約しても元本保証

2 5年間支払った後、そのまま放っておく。
そこから2年後(開始から7年目)には101.3%。
5年後(開始から10年目)には103%の返戻金が約束される。

3 亡くなった場合、その原因が病気であれば「払込んだ金額全額」
事故や災害などの場合、「払込んだ金額全額×1.1倍」が死亡保険金として受け取れる。

 例:30歳で契約。33歳で死亡。それまで積み立てた金額を20万円とする。

 病気で死亡    → 死亡保険金 20万円
 事故や災害で死亡 → 死亡保険金 22万円(10%上乗せ)

4 生命保険料控除の対象

パッと見ため、非常に良い商品ではあるが、少々の皮肉を込めて2つの弱点を挙げたい。




弱点1 保険でも何でもない

この商品は「保険」とは言い難い。

一応、事故などで「災害死亡」した場合に、払込金額の1.1倍を死亡保険金として支払う。という「保険機能」があるが、たかが知れている。

要はそれまで支払ってきた金額の10%程度が増えるだけ。

実態としては、ただの貯蓄である。

別に保険会社がこれを提供する意味など全くないのだが、ある種の「客寄せパンダ商品」として提供しているのだろう。

明治安田生命や、日本生命、第一生命、住友生命などの古い保険会社は、近年

「若者にアプローチできない」

ということが経営課題となっている。

昔なら、職場に保険のおばちゃんがドカドカ入ってきて、すでに契約者である課長や部長から、新入社員を紹介してもらう。という流れが出来上がっていたが、昨今ではセキュリティやコンプライアンスの観点から、部外者が会社に立ち入ることなどできない。

必然的に契約者は高齢化し、20代、30代の、独身、子育て世代の契約が減っているのである。

これに対して、第一生命や住友生命は「別ブランドの子会社」を設立して、若い層との接点を持とうとしている。

第一生命 ネオファースト生命
住友生命 メディケア生命

これらの会社は、本体より圧倒的に安い保険料の商品を展開しているため、保険ショップなどでは割と好調に売れているらしい。

正直、

「そんな安く出来るなら、同じ商品を本体でも提供すれば?」

という気もする。

割高な商品をずっと契約している古い契約者こそ、いい面の皮だろう。

対して、明治安田では、子会社戦略は取らずに本体だけで勝負している。

ある意味では潔い。

そのための武器がこの「じぶんの積立」と「つみたて学資」の2つ。

プロの「超分析!!」 明治安田生命「つみたて学資 」はコチラ

両者とも、この低金利下ではあり得ない返戻率を打ち出している。

なんせ国債の金利が0.05%とか、そんな状況。

10年運用しても、0.5%(0.05%×10年)にしかならない。

もちろん保険会社は運用のプロなので、国債だけでなく、色々な分野に投資をして何とか頑張るのだが、それでもどの会社も苦労している。

そのような環境で、本商品では

・いつ解約しても100%
・10年後に103%

を約束している。

ちなみに、生命保険の契約は初期契約時に、営業マン、本社の事務方など、色々な人が動く。

そのため始めの数年間は、

「保険会社がコストを回収するために返戻率が100%を切る」

ということが常識で、そのため、短期で解約した場合、ほぼ100%損をする。

だからこそ「いつでも100%」など、保険の世界にいる人間からすれば「あり得ない」ことなのだ。

この商品。

まず儲からないし、実際のところ赤字だろう。(筆者の勝手な推測だが)

「若い層と会えるなら、多少赤字でも仕方ない!!」

そんな感覚で、宣伝広告費的に考えているのではないだろうか?

一方、保険ではなく、貯蓄として考えれば、

10年で+3%

でしかない。1年に換算すれば+0.3%

昨今では、ネット銀行系を中心に0.25~0.3%程度の金利を付ける定期預金もあるので、それとほぼ変わらない。

前述のような理由で「保険」としては「あり得ない」が、「金融商品」としては、そこまで美味しいものでもないだろう。

が、この商品は「生命保険料控除」の対象になると言う。

それが最大の強み。

生命保険料控除が使えれば、年末調整で税金が還付される。

あくまで参考だが、年収500万円程度で、この保険を毎月1万円(年間12万円)くらいかけた場合、7千円~8千円くらい還付されるのではないだろうか?

年間12万円に対して、7~8千円のリターン。率にすれば6%前後。

税金が戻ってきただけで、別に運用益ではないが、実際のところ契約者からすれば「増えれば」どちらでも良い。

この生命保険料控除の枠が使えるのは良いだろう。

「別に保険に必要性は感じていないが、『生命保険料の控除枠』を使えないのは勿体ない」

そう感じている人には、いつでも100%だし、10年間我慢すれば多少増えるのだから悪い商品ではない。

だが、改めて繰り返すと

「保険とは言えない」

本サイトは保険商品の優劣を論じるものなので、これを弱点とさせて頂いた。




弱点2 面談必須。NOと言えない人は要注意。

本商品に加入するためには「必ず」、明治安田生命の営業マンと面談をしなくてはいけない。

客寄せパンダなのだから、それは仕方ない。

そのため、医療保険は?死亡保険は?年金は?と色々と売り込みをかけられる。

また、個人情報もばっちり取得されるので、10年間はそれなりに追いかけられるだろう。

10年で3%のリターン + 生命保険料控除枠の利用

これと引き換えに「保険会社とのお付き合いが始まる」ということは理解しておいた方が良い。

NOと言えない人は要注意。

ネットと郵送でほとんどのことが出来てしまう時代。

「会わないといけない」ということは、明確な弱点だろう。

とは言え、「誰が来るか?」にもよる。

筆者もこの業界が長いが、ちゃんと勉強している営業マンの話なら、ちゃんと聞いた方が良い。

税金や社会保障など、一般の方がイマイチ理解していない部分をちゃんと教えてくれる。

また保険の営業マンは思わぬ人脈を持っていたりするので、「お付き合い」する価値がある場合も多い。

しかし、残念ながら「とんでもない」のもいる。

全く基礎的なことを理解せずに昨日今日セールスを始めたような人もいるので、そんなのに当たってしまうと最悪。

そんな場合は、本商品だけ契約して、以後の連絡は一切無視すれば良い。

また、最近では保険会社のコンプライアンスもうるさくなって、顧客にしつこくコンタクトするような行為は禁じられている。

明治安田生命も以前よりは「随分あっさりしている」とも聞くので、よほど質の悪いのに当たらなければ大丈夫だろう。