この保険の弱点はここだ!あんしん生命「メディカルKit ラブ」

提供会社:あんしん生命

商品名:メディカルKit ラブ

この保険の弱点はここだ!!

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』

年齢・性別毎の保険料が気になる方は、
『緩和型医療保険 各社の保険料比較!!』
をご覧いただきたい。

それでは、この商品の弱点について解説をしていこう。

本商品が最後にリニューアルされたのが、2017年8月。

その後、2018年、2019年は緩和型医療保険の変革期で、会社が競って保険料を下げ、商品スペックを上げてきた。

その点、この商品には「周回遅れ」という印象を持つ。

今後、大きく変えてくる可能性は高いが、あくまで現時点では「星1つ」と厳しい評価をせざるを得ない。

弱点1 保険料が高い

緩和型医療保険の現時点(2019年12月時点)でのトップランナーは、アクサダイレクトオリックスメディケアなど。

本商品は二番手集団に入る。

保険料は前述3社に比べると、1,2割高いかな、という印象。

同じ二番手集団でも、「手術給付金が多い」など、保険料が高くても説明がつく商品もあるが、本商品には特段の強みもない。

ただ保険料が高いだけ。

という評価になってしまう。

 

年齢・性別毎の保険料が気になる方は、
『緩和型医療保険 各社の保険料比較!!』
をご覧いただきたい。




弱点2 1年目50%削減

本商品では、加入1年以内の入院、手術、先進医療では給付金が50%カットされる。

しかし、他社商品では「初めから満額」というのが主流。

確かに一昔前(4,5年前)は、どこの会社の緩和型医療保険も「1年以内50%削減ルール」を採用していた。

しかし、冒頭でも述べたように2018年から2019年にかけて、各社

「初めから満額」

を全面に出したリニューアルをすすめている。

商品スペック上も負けていて、保険料も高いのであれば、本商品を選ぶ理由はないだろう。




弱点3 先進医療特約が10年更新

先進医療特約は保険適用外の先進医療を受けた時に、その実費を受けられる特約で、最近の医療保険には、だいたいセットになっている。

しかし、会社によって「10年更新」と「終身型」の2つがある。

10年更新は、10年ごとに保険料が上がっていくが、終身型は一度加入すれば、それがずっと続く。

先進医療に関しては、現時点では保険会社の給付もそれほど高額にはなっていない。

これは、そもそも先進医療を使う方に高齢者が多く、それらの方が加入している医療保険に先進医療特約が含まれていないから、と言われている。

つまり、今は実費を個人で負担しているだけ。

そのため、緩和型医療でも毎月200円程度で先進医療特約を提供しているが、今後はそうはいかない。

先進医療特約に入っている世代(30代~50代)が、これから先進医療を使い始めれば、保険会社の支払いも爆発的に増える。

そうなれば、月200円では提供できず、500円、場合によっては1,000円程度になる可能性もある。

本商品の先進医療特約は10年更新。

契約者からすれば終身型の方が良いだろう。

詳細は以下の記事にもまとめてあるのでご参照頂きたい。
『先進医療特約は終身型を選びなさい』

明確な弱点と言える。




弱点4 三大疾病入院支払日数無制限が「ない」

これ結構致命的。

三大疾病入院支払日数無制限とは、がん、急性心筋梗塞、脳卒中で入院した時は、1回の入院あたりの、支払限度を「無制限」にするというもの。

これを付けていないと、各商品ごとにもうけられた「限度日数(60日が多い、他にも120日など)」が上限となり、それ以上入院した時には、オーバー分は支払対象外となってしまう。

入院で一番怖いのは、それが「長期間」になってしまうこと。

三大疾病入院支払日数無制限は、3つの病気に限定はしてあるが、長期入院をカバーする効果があり、筆者は医療保険に入るなら、これは必須だと感じている。

その特約が、そもそも用意されていないので、この商品では長期入院には対応できない。ということになる。

医療保険としては致命的だと感じる。

なお、がんだけに限定した「がん入院支払日数無制限」は用意されているのだが、筆者の経験上、入院が長くなるのは「脳系」の病気が多い。

やはり三大疾病無制限は欲しいところだ。




特約 Good & Bad!!

Bad 先進医療特約

弱点3で述べた通り、10年更新

Bad:がん入院支払日数無制限特約

この特約を付けておけば、がんで入院した場合、日数の上限(60日)が撤廃される。

しかし、対象はがんのみ。

他社では「がん、脳卒中、心筋梗塞」の3大疾病を対象にした無制限特約が主流。

実際、がんよりは脳卒中の方が入院日数が長くなる傾向なので、がんだけでは片手落ちだろう。

比較した方が良い商品

アクサダイレクト生命 はいりやすい医療 ★★★☆☆

オリックス生命 医療保険 CURE Support Plus[キュア・サポート・プラス] ★★★☆☆

メディケア生命 メディフィットRe[リリーフ] ★★★★☆

ネオファースト生命 ネオ de いりょう 健康プロモート ★★★★☆

参考コラム:
医療保険の検討ってどうすれば良いの?と迷ったら

『医療保険。こう考えれば、スッキリ決められる!』

年齢・性別毎の保険料が気になる方は、
『緩和型医療保険 各社の保険料比較!!』
をご覧いただきたい。

各社の緩和型医療保険の一覧はコチラ