解約控除とは何か?

保険の商品には「解約控除」が設定されているものがある。

解約控除は、

早期解約に対してのペナルティ

のようなもので、その商品ごとに期間が定められている。

保険会社からすれば、

「◯年契約って言うから、こちらもそのつもりで運用の準備をしている。それを途中で解約するなら、それ相応の罰金は貰いますよ!!」

ということ。要は契約不履行に対しての罰金処置だ。

例えば、1年目で解約したら「返戻金の10%を無条件で貰う」、2年目なら9%、3年目なら8%となり、10年経過後は「ペナルティ(解約控除)なし」というようなルール。

解約控除は「10年目までかかる」という商品が多いが、ものによっては20年目、30年目まで解約控除がかかる場合もある。

よくあるのが、一時払系の商品で、1ドル110円で契約し、ドル高がすすんで1ドル140円などになった場合に

「今、解約すれば儲かるのでは?!」

と考え、解約をするケース。

確かに為替では儲かっているのだが、解約控除で削られ、更に市場調整価格などでも削られ、結局「トントン(もしくは多少損)だった」というようなことはよくある。

なお、市場調整価格も解約時に発生するコストで、こちらはプラスにもマイナスにも働く。

詳細は以下コラムを参照頂きたい。

参考コラム:市場価格調整とは?




一時払系の商品は、保険会社も解約を阻止するために様々な「仕掛け」をしているので、加入時にはしっかりと確認すること。

筆者の考えでは、原則的には「満期まで解約しない」と考えておいて方が良いと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。