この保険の弱点はここだ!T&Dフィナンシャル生命「みんなにやさしい終身保険」

提供会社:T&Dフィナンシャル生命

商品名:みんなにやさしい終身保険


参考コラム:
外貨建一時払終身保険特集!!
「こんな商品には騙されるな!!」はコチラ

利率と利回りの関係を知りたい方は・・・
「超」わかりやすい!!予定利率と利回りの違い!!』

この保険の弱点はここだ!!

何とも評価が難しい商品だ。

一言で言えば「中途半端」という感じ。

資産運用に重きを置くのか?

死亡保障に重きを置くのか?

安全性を重視するのか?

イマイチ良く分からない商品。

商品のスタートからゴールまでは以下のような流れ。

1 まとまったお金を預ける(例:1,000万円)

2 外貨で運用する割合を決める(外貨を50%にするか、25%にするか、残りは日本円)

3 入った瞬間、死亡保障が付く

 例:1,000万円預ける → 死亡保険金1,050万円など
  注:年齢、性別、加入時期などによっても金額は変わる

4 一時払したお金は、スタート時点では減る

 例:1,000万円預ける → すぐに解約すると950万円など
  注:年齢、性別、加入時期などによっても金額は変わる 

5 その後、運用され返戻金は増える

6 死亡して保険金を受け取るか、解約して返戻金を受け取る

要は、

・ちょっとだけ保険が付く

・ちょっとだけ外貨(50% or 25%)で運用が出来る

という「ちょっと・ちょっと」な商品である。

では、弱点の話にうつろう。




弱点1 運用としてはイマイチ

この商品はどういう人にハマるのか、ちょっと想像がつかない。

外貨には興味があるけど、全部は怖いから、半分(50%)か25%くらいはドルで。

みたいな人だろうか?・・・

だったら、始めからその50%か25%の分だけを、普通の外貨の一時払終身保険に入れれば良いし、そちらの方が儲かる。(利率が高い)

わざわざ円をセットにする理由は何だろうか?

恐らくは保険金の非課税枠(500万円×法定相続人)を埋めるために本商品を使う、というのが一番しっくりくる。

「外貨だけだと怖い」

という人に向けて、

75%(もしくは50%)は円だから安心ですよ!!

というようなセールストークになるのだろう。

まあ、それでも為替リスクはあるので、本質的には変わらないのだが・・・・

本商品の利率は0.85%(2020年5月30日現在:50%プランの場合)

外貨建一時払終身の場合、利率=利回り、である商品が多い。

例えば利率が0.85%であれば、10万ドルは翌年には10万850ドルになる。

しかし、この商品は利率=利回り「ではない」

つまり、0.85%と言っても翌年にそのまま0.85%増えるわけではない。

その理由は、死亡保障のコストを引かれるから。

本商品は加入直後に死亡保険金が「ちょっとだけ」増えるが、それは保険会社が「サービス」してくれているものではなく、あくまで保険料は契約者が負担している。

では具体的な保険料とは何か?

それは「利回りの低下」である。

本来、0.85%のリターンがあるところ、0.6%程度しかなければ、その差の「0.25%分」は保険料と言うこと。
注:あくまで例、実際には年齢、性別などによって異なる。

通常の外貨建一時払終身保険 → 利率=利回り(リターン)
本商品  → 利率≠利回り(保険料が取られる分、リターンが低下)

となる。




参考コラム:
外貨建一時払終身保険特集!!
「こんな商品には騙されるな!!」はコチラ

利率と利回りの関係を知りたい方は・・・
「超」わかりやすい!!予定利率と利回りの違い!!』

弱点2 本当に「今」が良いか?

2020年5月時点の話だが、この商品の利率は0.85%(50%プラン)で、更に弱点1で述べたように実際には0.85%以下となる。

50%とは言え、為替のリスクは確実にあるので、0.85%以下の利回りではちょっとわりが合わない。

この程度のリターンで為替リスクを取るのであれば、100%円建の一時払終身保険の方が良いかもしれない。

なお、本商品では100%円建のプランについては取扱停止になってしまったが、他社ではまだやっているところもある。

0.85%程度の利率ではドルのリスクは取らない方が賢明な気もする。

筆者ならやらない。

せめて3%程度は欲しい。