この保険の弱点はここだ!エヌエヌ生命「終身ガン保険」

提供会社:エヌエヌ生命
格付:S&P A+

商品名:終身ガン保険

この保険の弱点はここだ!!

法人向けの商品。個人向けのガン保険とは異なる。

随分昔の話だが、法人向けのガン保険が「全額損金」で処理出来て、かつ返戻金が80%を超えていたような時代があった。

経営者からすれば、保険料の全額が損金で落とせて、かつ、支払った保険料の80%が保険会社側で貯まっているのだが、いざとなれば「それを使える」という安心感もある。

そのため、当時は「決算前対策と言えばガン保険!!」という感じで、大量に売れていた。

筆者もかなり良い思いをさせて貰った。

だが、当然、国税庁が激怒し、ある時(確か2012年頃)「もう全損ダメ」と言われ、それでガン保険は終わった。

多くの保険会社が、法人向けのガン保険からは撤退したが(個人向けは引き続き、どこの保険会社もやっている)、エヌエヌは未だに提供している。

当時、福利厚生の一環として(実際には福利厚生という建前を使った節税)

「会社が保険料を負担し、全社員を対象にガン保険を入れる」

というような制度にしてしまった会社から、今でも追加があるため、やめるにやめられないらしい。

そういう意味では「遺跡」のような商品。

今更、新規で入る会社もないだろう。




口コミ・評判(契約者から)

・エヌエヌは当時、アイエヌジー生命と言っていて、ガン保険もイケイケだった。未だに保全(契約後フォローのこと)で追加が年数件ある。元々は税金対策で「全社員を対象」に入っていたのだが、それが社員に周知され、今更やめられず、渋々、新しい社員を入れているのだろう。だが、長くかけている間に、社員や役員の方でガンになったり、社長自身がガンになったりして、この保険から数百万円の給付を受けたこともある。そのような経験をした会社では「やっぱりガンの保障って大事だね」という考えに変わり、むしろ積極的に社員にガン保険をかけているところもある。節税目的だったのが、いつのまにか純粋な保障として評価されている格好。

比較した方が良い商品

なし

 

編集後記

約款