アナタへのアドバイス No.sa16

アナタへのアドバイス!!

今までのご回答
Q1 独身
Q2 死亡保障   必要
Q3 医療保障   必要
Q4 就業不能保険 必要
Q5 貯蓄保険   必要

 

はい、これで質問は終了です。

お疲れ様でした。

アナタは単身者で、そして死亡、医療、就業不能(働けない)、貯蓄、すべてに必要性を感じていらっしゃるようです。

このようにニーズが多岐に渡っている場合、2つの「考え方」があります。

1 それぞれを別々に考えるか?

2 異なる分野を一緒に考えるか?

ということです。

1のそれぞれを別々に考える、というのは死亡、医療など、分野別に商品を検討するスタイルです。

2つ目の「異なる分野を一緒に」というのは、保険の場合、死亡と貯蓄、医療と就労不能など、異なる分野を「兼ねる」商品があるので、それらをセットにしたものを選ぶスタイルです。

例えば死亡保障には終身保険など、支払った保険料が貯蓄されるものがあります。

これなどは「死亡と貯蓄」がセットになっています。

また、終身保険の別バージョンには特定疾病保障型終身保険と言って、死亡だけでなく、以下の3つの病気

・がん 診断のみで対象

・急性心筋梗塞 60日以上の労働制限

・脳卒中   60日以上の麻痺や労働制限

の時にも保険金を支払うタイプの商品もあり、この保障では、医療保険の一部(三大疾病に関する特約)や、就業不能時の保障の一部(3大疾病が原因で働けない状態)などを兼ねています。

とにかく検討する分野が多いため、これらの組み合わせ例は数限りなくありますが、代表的な例をご紹介すると以下のようになります。
(年齢、性別、保険金額によっても保険料は異なるため、あくまで目安です。)

ケース1 それぞれの分野を別々に考える

死亡保障 安い定期保険 1,000円~2,000

医療保険 人気ランキング上位5社から保険料と保障内容で自分に合っているもの 3,000円前後

就業不能 就業不能保険 2,000円から3,000円

貯蓄   年金保険など  10,000円前後

合計1万6,000円~

ケース2 異なる分野を一緒に考える

死亡保障/医療(3大疾病)/就業不能(3大疾病)/貯蓄
特定疾病保障型終身保険 10,000円前後

医療保険 人気ランキング上位5社から保険料と保障内容で自分に合っているもの 3,000円前後

就業不能(3大疾病以外) 就業不能保険 2,000円(3大疾病は上記でカバー出来ているので必要最低限)

合計1万5,000円~

4つの分野の保障をまんべんなく揃えているため、やはり保険料は1万円台中盤くらいになってしまうのではないかと思います。

険ショップをうまく活用しよう!!

アナタが望んでいらっしゃるものは、死亡、医療、就業不能、貯蓄と色々な分野にまたがっており、また前述の通り、各分野の商品は別の分野の保障の一部を兼ねていることもあるため、それらを整理して検討するのは、なかなか骨が折れる作業でしょう。

特に就業不能に関しては、何をもって「働けないのか」という定義が各保険会社、各商品ごとに異なるため、素人が一番混乱しやすい分野です。

また、「働けない時だけ」に支払われる商品と、「働けない時&死亡した時」に支払われる商品があるにも関わらず、どちらも「就業不能保険」などと呼ばれているので、それらを理解するのも一苦労かと思います。

但し、その結果完成したプランは、人生を生きて行く上で、想定されるリスクをすべてカバーしていますので、かなり安心出来るものになると思います。

そのため、もしこれらの保険を真剣に検討するのであれば、一度保険ショップに行かれることをお勧め致します。

保険ショップの最大のメリットは

・短時間で大量の情報を集めらること

・プロフェッショナルの助言を受けることが出来ること

です。

特にアナタのニーズは「死亡」、「医療」、「就業不能」、「貯蓄」と多岐に渡っているので、各分野の比較検討を分かりやすくナビゲートしてくれるアドバイザーがいた方が良いでしょう。

今ではネットでかなりの情報が取れますが、それでも「活きた情報」は実際に商品を販売している人間からしか得ることが出来ません。

下記に挙げた保険ショップは当サイトが自信をもってお勧めするお店です。

ファイナンシャルプランナー資格などを有したプロフェッショナルなるが、アナタの保険選びをサポートしてくれます。

是非、気軽にご相談してみて下さい。

保険ショップ リンク