既婚こどもなし Q5 貯蓄の保険について No5

Q5 貯蓄の保険について

今までのご回答
Q1 既婚 お子様なし
Q2 死亡保障   必要あり
Q3 医療保障   必要なし
Q4 就業不能保険 必要なし

保険が必要なのは「死んだ時だけ」

そんな潔いアナタに最後の質問です。

保険の機能として「お金を貯める(貯蓄機能)」というものがありますが、これに関してはどのようにお考えでしょうか?

今までと同じく「必要なし!!」と「必要!!」双方の意見をお聞き頂き、お考えに近い方をご選択下さい。

A1 必要なし!!

必要なし!!派の意見

・既に株や投資信託、不動産などに投資をしており、保険で貯蓄をすることは考えていない。

・保険の貯蓄は手数料なども高く、効率が悪いので投資や貯蓄は他の方法を考えたい。

・貯蓄出来るだけの余裕がない・・・

A2 必要!!

必要!!派の意見

・ある程度増えるのであれば、将来の年金などの積立には興味がある

・手元に持っているとどうしても無駄なものにお金を使ってしまう。保険のようなもので半強制的に貯めて欲しい

・貯蓄型の保険商品自体の投資効率より、生命保険料控除枠、年金控除枠に興味がある。これらの枠に適合する商品に入っておけば、確実に税金の還付金を得ることが出来るので、下手に運用するより、そちらの方がリターンが大きいのではないか?

・死亡保障を確保するのと同時に貯蓄にもなるようなものなら興味ある

・独り身なので、老後は心配。長生きするリスク(死ねないリスク)については、実感しているので、そのための備えとして保険(貯蓄)であるならば考えたい。

保険まとめ編集部からのアドバイス

保険で貯蓄をするメリットは、以下の4点です。

・あまり細かいことを考えずに、毎月引き落とすだけで貯蓄をしたい(自分で管理をしたくない)

・将来どれくらい増えるのか、ある程度決まっている方が良い(あらかじめ利回りが分かっている)

・生命保険料控除や年金保険料控除などの対象になれば、税金が安くなる(還付金が戻ってくる)

・安全性が高い

どちかと言えばズボラな人が「保険で貯蓄」に向いています。

逆に株や投資信託、不動産などを自分でバリバリ売買するような方には物足りないかもしれませんね。

なお「いつかは株で一儲けしたい!!」などと思っていても、いつまでも動けない、勉強できない、そんな時間がない、というような人なども保険向きです。

お子様がいらっしゃらないご夫婦の方の場合、一番ニーズが高いのは「年金商品」です。

円建、米ドル建、豪ドル建などがありますが、米ドル建などはそれなりに利回りが良いので人気があります。

30歳くらいから開始して、65歳から年金開始。投資したお金に対してのリターンは120~130%程度と言ったところでしょうか。

そこまで高いリターンではありませんが「預金金利以上のものを安全に得られる」という点ではメリットがあります。

こう言ったものに、無理のない範囲で毎月積み立てるのも良いかもしれません。

もしくは、終身保険(円建、ドル建)や特定疾病保障型終身保険(円建、ドル建)なども人気があります。

これらの商品には「死亡保障」も付いているので、死亡した時の保障に対して「必要」とお答えになったアナタには合っているかもしれません。

以上、必要ない派、必要派、そして編集部のアドバイスをふまえ、アナタは貯蓄が出来る保険に対してどう思われますか?

A1 必要なし!!

A2 必要!!