この保険の弱点はここだ!あんしん生命「あんしんねんきん介護R」

提供会社:東京海上日動あんしん生命

商品名:あんしん年金介護R

この保険の弱点はここだ!!

参考コラム:
介護保険の基礎を学びたい方は、まず

『民間の介護保険は必要か?「介護保険の考え方」』
をご覧いただきたい。

本商品については、当サイトの読者である「DUさん」よりご紹介頂いた。(情報提供ありがとうございます)

結論から言えば、3つ星。

しかし、自身の中では、限りなく4つ星に近い、3つ星という感じだ。

4つ星とならない理由は追々説明していきたいが、商品としては「かなり良く出来ている」と感じる。

率直に言って、この商品にはほとんどデメリットがない。ただし、目をみはる「メリット」もない。

まずは、商品としての仕様をざっと説明しよう。

本商品の目的は、介護状態になった時に「年金」を受け取ることにある。

条件は要介護2以上、もしくは会社所定の「要介護状態」に該当した時。

なお、会社所定の要介護状態とは、下記のどちらかを指す。

1 ア.ベッド周辺の歩行が自分では出来ない

   +(更に)

 着替え、食事、入浴、排泄のうち「2つ以上」で他人の介護が必要

2 器質性認知症

1に関しては、そもそも「ベッドの周りを自分で歩けない=ほぼ寝たきり」が大前提で、更に着替え、食事、入浴、排泄のうち2つ以上が自分では出来ない(介護が必要)ということ。

2の器質性認知症は、やや専門用語だが、平たく言えば「結構進んだ認知症」と理解して差し障りない。逆に言えば「物忘れがひどい」くらいでは該当しない。

この1,2両方とも、あんしん生命が独自に設けた基準ではあるが、基本的には要介護2より重い。




この状態に該当するのに「要介護2が認められない」ということは考えにくい(と言うかどういう状態ならそうなるのだろうか・・・・)ので、まず「要介護2」で年金開始と思っておいて良いだろう。

要介護2で払う、というのは昨今の介護系商品のスタンダードな基準なので、その点において本商品は他社並(優れてもいないが、劣ってもいない)ということになる。

参考までに。要介護1から5まであり、数字が大きくなればなるほど「症状が重い」と判断される。つまり、要介護5が最も「重い」ということ。

そう聞くと、「要介護2は随分軽いのか?」と思うかもしれないが、実際に要介護2の方と接すると「結構大変だな」と感じるだろう。その点、要介護2は、そこまで軽くもない。

本商品では、この「介護」になった時に受け取りたい年金金額を決める。

年間30万円とか、年間50万円など。

年金金額が増えれば、その分、保険料も増える。

ここでは実例として、60歳男性の保険料を取り上げたい。

年金50万円で保険料は以下の通り。

・5年年金   15,700円 
・10年年金 21,100円
・終身年金  25,800円  

いざ、介護状態となった時に年金を「何年間受け取れるか?」で保険料が変わる。

なお、本商品のサイトでの見積もりでは「10年」しか選べないが、実際には3つの選択肢がある。

期間が長くなればなるほど、保険会社からすれば「支払うリスク」が増えるため、保険料は上がる。

ここでは「10年年金(保険料21,100円)」を選択したこととしよう。

さて、本商品の最大の「売り」は、この保険料が将来戻ってくる、ということである。

これは、あんしん生命の「R」シリーズの特徴で、Rはリターン(戻ってくる)を表している。

なお、途中で介護状態になり、実際に年金を受け取った場合、その受け取った金額を「引かれた」金額が戻ってくる。

そのため、この商品に加入した場合、その後のストーリーは、以下の3つの「どれか」になる。

ケース1 介護にならず還付金給付年齢になる

保険料が戻ってくる(還付)される時期は、加入した年齢によって自動的に決まり、50歳までなら、70歳、51~55歳は75歳、56~65歳は80歳となっている。

本例では「60歳加入」なので、保険料が戻ってくるのは80歳ということになるが、その合計は

21,100円×12ヶ月×20年=506万4,000円

これが80歳の時に全額戻ってくる。

そして、この段階で、この保険をこの時点で止めるか(解約)?続けるか?という選択をしないといけない。

止めるなら、506万円が手元に戻ってきて、それで終わり。

続けるなら、今まで支払ってきた21,100円を引き続き支払えば、以後も保障(介護の時に50万円を10年間)が続く。しかし、80歳以降の保険料は純粋な掛け捨てとなり、これらの保険料が戻ってくることはない。

これが「介護にならない」場合。





ケース2-1 介護になった場合(年金が支払保険料の総額を上回らない場合)

では、「介護になった」場合はどうだろうか?これは2つのケースが考えられる。

2-1 介護になったが、介護生活はごく短期で終わる。そのため年金もさほど受け取れなかった場合

2-2 介護がかなり長期に渡った場合

60歳の男性が、70歳で介護となり3年後に亡くなったとしよう。

その場合、保険料は60歳から70歳まで10年間支払ったので(介護年金が始まれば保険料も免除となる)、その総額は

21,100円×12ヶ月×10年=253万2,000円

となる。

対して、介護年金は50万円でそれを3年間受け取ったので、

50万円 × 3年=150万円

ということに。

この場合、死亡時には「差額」の103万2,000円が遺族に戻される。

支払った総額が戻ってくる、という点ではケース1と変わらない。

では最後。介護状態になり、それが長くなった場合だ。

ケース2-2 介護になった場合(年金が支払保険料の総額を上回った場合)

同じく、60歳で加入した方が、70歳で介護になり、年金を満額の10年間を受け取り亡くなったとしよう。

支払い総額は、先ほどと同じ253万2,000円。

しかし、受け取った金額は、50万円×10年間で、総額500万円となる。

この場合、「差額」は発生しないので、死亡時に遺族への支払いなどは何もない。

以上、3つのケースの「どれか」になる。

この中で「保険」として意味があるのは、最後の2-2のケースだけだ。

保険料は253万円支払った。介護になった。結果、500万円を受けった。

「介護」という非常事態に対し、支払った以上の給付金が支給されているので、まさに「保険」ということになる。

対して、ケース1、ケース2は、単に「自分で貯めたお金が戻ってきた」もしくは「自分の貯めたお金を一部使った」というだけ。

保険会社から「年金」という形で受け取っているので、何やらありがたいみを感じてしまうが、その実、何ということはない。

自分の金を返してもらっただけ。ということ。

ただし、介護のリスクを考えた時、最後の2-2のケースも考えられるし、実際、これ(介護が長くなる)が一番最悪だ。

本商品では、その最悪のケースに関しては「保険」を提供し、それ以外の「介護にならない」、「介護になったが短期だった」というケースでは、契約者から預かったお金をプラスマイナスゼロで返している。

このように考えた場合、契約者からすれば、どう転んでも「損することはない」と言える。

以上、ここまでが商品の解説。

では次に、本商品の確信に迫りたい。




ここで少々、視点を変えてみよう。

何故、あんしん生命はこんな商品を作ったのか?

ということだ。

よく考えてみて欲しい。この商品、保険会社からすればリスクしかない。

介護にならなければ全額キックバック。なっても年金を支払った分をのぞき、余った分をキックバック。

それでいて、介護が長くなれば、預かった保険料以上の保険金(給付金)を支払う可能性もある。

どう考えても「儲からない」

では慈善事業でやっているのか?

そんなことがあるはずもない。

筆者の知る限り、あんしん生命はそんな会社じゃない。(と言うか、そんな保険会社ない)

ここからは、複数のあんしん生命の社員から来た「推測」だが、「当たらずとも遠からず」というところだと思う。

本商品の目的はズバリ「運用益」である。

本商品では、還付のタイミングが「加入時の年齢で決まっている」と説明した。

~50歳まで            70歳で還付
51~55歳まで    75歳で還付
55歳~65歳まで   80歳で還付

最低でも、15年間(65歳加入で80歳還付の場合)、大抵は20年以上の保険料支払期間が設けられている。

また、実際のところ80歳までに「要介護2」になる可能性は、かなり低い。

もちろん個人差のあることなので、65歳過ぎで認知症になり、1,2年で要介護2まですすむようなケースもあるにはあるが、それらはレアケースで、ほとんどの場合で要介護2以上になるのは「80歳以降」だ。

そのため、契約者の大部分は満期まで(還付まで)保険料を支払うことになる。

そして、本商品には解約返礼金があるにはあるが、かなり低く抑えられているので、わざわざ損をしてまで解約する人も少ないだろう。

あんしん生命としては、その間、預かった保険料を腰を据えて運用出来る。

その運用益こそ、保険会社の利益となり、契約者から提供してもらった「元手」は全額返してもOKということ。のようだ。(あくまで推測)

なお、もう1つの収益として「還付後も継続してもらう」というものもある。

保険料が変わらずに、還付後も保障が続く、というやつだ。

だが、こちらは「あまり期待していない」というのが本音の様子。

と言うのも、還付時に何百万円というお金を返しているので、普通の契約者なら

「このお金を取っておいて、介護になれば、これを使えば良い」

と思うだろう。

そのため、本商品は還付金を渡した瞬間に、解約する契約者が多い。

もちろん中には、過度な心配性や、断れない性格で

「なんとなく続けてくれる人」

もいるだろうが、商品の収益計算上は「あまり見込んではいない」というところではないか?

ということで、運用益が収益の柱であるが故、本商品は実際に介護になりそうな年齢に至るまで

「ある程度の時間的余裕がある人」

しか入れない。

そのため、本商品は65歳までしか入れず、これは介護系の商品としてはかなり早い。

これがマイナスポイント。

ということで弱点の話に移る。




弱点1 65歳までしか入れない

商品の特性上、「仕方ない」ことではあるが、筆者としては65歳というのは、随分と締め切りが早い気がする。

と言うのも、介護について考え出すのは、早くても60歳くらいからで、それでも周囲からは「随分心配性だな」と言われる。

それくらい今の60代は若い。

特に65歳まで働く人が多いので、正直、介護と言ってもピンと来ない人が多いのである。

もちろん、親の介護などを経験して「自分のことも考えないとな」と思う人はいるだろうが、それでも本当に意味で「自分の介護」にまで考えが及ぶ人は少数派ではないだろうか?

更に、本商品は基本的に貯蓄型であるため、保険料も高い(毎月数万円)

本商品の説明をちゃんと聞けば「へー良い商品だね」と反応するだろうが、じゃあ実際に毎月数万円払うか?と言えば、まだそこまでマインドが熟成されていない。

介護のついて「真剣に考える」のは、筆者が色々相談に乗ってきた経験では60代後半から70代前半という感じで、そうなると本商品にはそもそも入れない。

このことをあんしん生命の関係者にぶつけてみたところ

「まさにそうです。そのため社内でも『良い商品なんだけど、あんまり売れないね』という感じです」

と言っていた。

営業の現場でも「もうちょっと加入年齢を引き上げて欲しい」と思っているらしいが、70歳くらいで加入されると、10年で80歳を迎え、実際に「要介護2」が多く発生する年齢層になる。

介護年金を払わないといけないし、運用年数も長く取れないし、ということで商品の収益が維持出来ないのだろう(繰り替えすが、筆者の推測)

ということで、次の弱点に繋がる。

弱点2 実際の介護と、タイミングのズレ

今まで述べてきたように、本商品の実態としては、

実際に介護になるまでの貯金

である。

還付される70歳、75歳、80歳までに要介護2になっている確率は「かなり低く」、そうなれば本来の介護の潜在的リスクである「介護期間が長期になる」という点はカバー出来ない。

自分で貯めたお金が全額戻ってきてしまうからだ。

そういう意味では、この保険で「勝てる人」(ケース2-2のように長期間の介護年金を受け取れる)は、かなり少ないと思う。

負けはしないが、勝ちもしない。

それがこの保険の隠れた本質でもある。

そして、80代からの「本当に保障が必要な時期」をカバーするためには、今までと同じ保険料を支払う必要があり、これは戻って来ない。

75歳とか80歳になって、毎月数万円を「掛け捨て」出来る人は多くないだろう。

ただし、この保険に加入したことで「数百万円の介護資金」が手元に出来ることは紛れもない事実。

また、還付前に要介護2になる人も「いないわけではない」ので、その点、まるっきりのムダというわけでない。




弱点3 若い人にはお勧め出来ない

50代後半以上であれば、「あまり時間もない」ので、この商品に入るのも悪くないかもしれない。

しかし、40代などであれば、まだ時間もたっぷりあるので、1円も増えないこの商品よりは、

「自分で用意した方が良い」

だろう。

株や投資信託に毎月1万円ずつでも積み立てておいた方が、20年もすればかなり「増える」

また、自分の介護のことばかり考えていても、配偶者が先に介護になるかもしれず、当然ながらそんな時に「自分の保険」など何の役にも立たない。

一番確実なのは、どんな状況にも対応出来るように、しっかり自分の資産を作り、それを守ることである。

特に老後は、体も衰え、気力も落ちる。

世間の荒波から自分と家族を守るのは、金と経験と知恵しかない。

だからこそスキルの1つとして「資産運用」という技を覚える。そのためにも、安直にこのような商品に頼るのではなく、自分で運用し、経験を積んだ方が良い。

弱点4 保険料の設定に要注意!!

本商品。解約すると大損する。

「絶対に解約出来ない」ということを覚悟し「絶対に還付まで払える保険料」を設定する必要がある。

人生には何が起こるか分からない。

後から戻ってくるから、ちょっとくらい多めでも・・・などと考えず(営業の口車に乗らず)、堅実な保険料にしたい。

商品の構成

主契約(メイン部分)について

・加入年齢
20歳から65歳まで

・年金金額(要介護2以上、もしくは会社所定の介護状態に該当した時に給付)
20万、30万、50万円から選択

・年金期間
5年、10年、終身年金から選択

特約(オプション)について

・健康祝金特則 ✕

介護年金を受け取らない場合、5年ごとに年金の10%の「お小遣い」が受け取れるオプション。

ただし、このオプションのために追加の保険料が必要であり、更にはこのオプションだけを後から解約することが出来ない。

支払った金額に対して、お小遣いは「多少増える程度」であり、保険の本質からすればあまり関係はない。

仮に介護年金を受け取った場合、それまでの保険料は没収されてしまうので、それまで多少儲かっていても、そこで利益を吐き出すことになる。

詳細は、おなじくあんしん生命の医療保険「メディカルkit エール」弱点2に詳しくかいてある。(仕組みはほぼ同じ)

参照:この保険の弱点はここだ!あんしん生命「メディカルkit エール」弱点2




・認知症一時金特約 ✕

軽度の認知症の診断された時に一時金の10%を、その後認知症と正式に診断された時に残り90%を受け取れる。

軽度の時の一時金を受け取っていない場合、認知症と診断された時に100%。

本特約の保険料は掛け捨て。

認知症には、男性の1/3、女性の1/2がなると言われているが、認知症になった時に一時金を貰っても「仕方ない」(特にお金がかかるわけでもない)

保険料は一時金100万円で、60歳男性の場合2,870円。

20年も払えば、その総額69万円にもなり、なるかならないか分からないものに対して「掛け捨て」るには少々大きい気がする。

自分で貯めておいた方が良いのでは?

・介護一時金特約 ✕

介護年金に該当(要介護2以上)した場合の一時金。

保険料は一時金100万円で、60歳男性の場合2,030円。

こちらも掛け捨て。20年間で約49万円ほどになる。

こちらも前項と同様の理由で

「なるかならないか分からない」&「掛け捨てにしては高い」

ので、入る必要はないと感じる。

口コミ・評判(販売側から)

・入っておいて損はない、というのがこの商品の売り文句だと思います。ただし、それで納得するのは「介護も心配だから、多少積み立てしておくかぁ」という感じで、気軽に数万円を支払える富裕層の方だけ。そういう点では相手を選ぶ商品です。
親御さんの介護で苦労した人には響きますが、そのような経験のない方には、全くうけません。

謝礼Amazonギフトカード300円!! アナタの口コミ教えて下さい!!
保険会社勤務、代理店勤務の方でも、販売現場の情報や、当サイトで指摘していない弱点(デメリット)などには謝礼(amazonカード300円)をお支払い致します。

口コミ・評判(契約者から)

・なし

比較した方が良い商品

ジブラルタ生命 米国ドル建介護保障付終身保険(低解約返戻金型) ★★★☆☆

PGF生命 米国ドル建終身保険(介護タイプ) ★★★☆☆

編集後記

約款