結婚したら保険に入るべきか?を本音で解説

これ、よく聞かれるので、ここで解説しておきたい。

なお、動画でも同様の内容を話しているので、宜しければ参照して欲しい。

保険に入るタイミングとして、昔から「結婚したら」というものがある。

しかし、これはかなり「古い」考え方であろう。

一昔前、と言っても30年、40年前の話だが、この頃は「結婚=寿退社」というのが常識で、結婚し家庭に入る女性が多かった。

そのため、結婚すると「収入は旦那さんのお給料のみ」という形になる。

また、女性の再就職なども一般的でなかったため、旦那さんが亡くなると経済的に大変苦しくなる。

だからこそ、

結婚=女性に対する責任が発生する

ということで保険に入ることが「常識」とされていた。

が、今はどうだろうか?

結婚したら家庭に入って欲しい

そんなことを言う男性はほとんどいないし、子供がいない段階で専業主婦になるような人はごく少数派だろう。

結婚した、と言ってもその実態は「独身者が2人」で「同じ家に暮らしているだけ」である。

この状態で「本当に保険が必要か?」という質問は、独身の時に聞かれたそれと変わらない。

まず大前提として、保険はないよりはあった方が良い。

保険に入っていれば、入院した時にお金が受け取れて、死ねば残された人がお金を得る。

その「効果」自体には何のデメリットもない。

だからこそ「ないよりはあった方が良い」のだが、反面、その効果を得るために毎月の支出を強いられる。

保険料だ。

これをどう考えるか?

独身(特に若ければ)であれば、やはり「ピンとこない」というのが正直なところだろう。

入院なんてしないんじゃない?死亡?死なない、死なない(笑)

という感じだろうし、実際、入院も死亡もそのリスクはかなり低い。

だが、もちろんゼロではない。

そして実際に入院したり、死んでしまえばお金もかかる。

入院であれば、多少お金がかかっても貯金で何とかなるか、何ともならなければ家族、親戚、友人に借りるしかない。

そして元気になったら、返済すれば済む。

「ああ、医療保険に入っておけば良かったなぁ」

と多少、後悔するくらいだろう。

しかし、亡くなってしまった場合には、後始末は家族がすることになる。

親が葬式をあげ、そのコストを負担することになる。

だが、これも貯金があるなら、それでまかなえるし、仮にそれが無かったとしても、

もう、しょうがなくね?

という話である。

親に対して申し訳ない話ではあるが、そもそも親より先に死ぬことが、最大の親不孝だ。

その上でお金まで出させるのは親不孝の上塗りではあるが、もうどうしようもないことであり、もちろん保険に入っていれば多少の金は渡せるが、なんかそういう話でもない。

だからこそ、独身で保険に入るか否かは、ひとえにその人本人の「責任感」にかかっている。

社会人になってまで親に迷惑をかけられない。

と考える立派(と言うか少々固苦しい)な人は保険に入るし、

まあ、死なないだろうし、もし死んじゃったら、申し訳ないけど後は宜しく

という若者らしい無責任な人は入らない。

ただ、そんな責任感が若い頃からあるか?と言えば、まあ、大抵の人はないだろう。(ちなみに筆者自身も若い頃はそうだった)

そんな「独身」が、2人いるだけ。

それが結婚直後の夫婦の実態である。

「結婚したんだからしっかりしなさい!!」

というお説教臭い概念は分かるが、結婚したからと言って、すぐに成長するわけでもない。

このような点から「結婚=保険に入る」という必然性は特にはない。

自分が死んだら周囲に迷惑をかけたくない、というような責任感と自尊心のある人は入れば良いし、こういう人は独身の頃からちゃんと入っていたりするので、別に結婚が契機にっているわけでもない。

また、別にどちらかが死亡しても、残された方は「独身に戻るだけ」とも言えるので、悲しいとか、苦しいというような感情論を抜きにすれば、特に経済的なマイナスはない。

ただ、お葬式代だけは多少考えておいた方が良いかもしれない。

これがない場合、リアル独身の時には親に迷惑をかけるが、まあ、これは親子だから仕方がない面もある。

だが、夫婦の場合、根本的には他人である。

また、一応は神様の前で約束して「一生一緒に生きていこう」と誓ったにも関わらず死んでしまうというのは、ある種の契約不履行でもある。

その上で葬儀代まで負担させるというのは、これはちょっと酷だろう。

なお、若い人が死ぬと、葬儀代が結構かかる。

会社関係や友人関係などが「あいつも行くなら俺も行かないと」という妙な連帯感で大挙して押し寄せ、斎場なども大きなところを用意しないといけない。

反面、若い世代の友人などが持ってくる香典など、数千円なので葬式自体は「大赤字」になってしまうのである。

筆者の知る限り、800万円くらいかかったケースもある。(実際に多いのは400、500万円くらい)

これらを夫婦の貯金から払うのは、残された身としては辛い。

あいつ死んだ上に貯金まで持って行っちゃったよ・・・・

という感じだろう。

そういう意味では、貯金とは別に「葬儀代くらいは用意出来る保険」はあった方が良い。

元を正せば他人同士である「夫婦」の最低限の約束という感じか・・・

なお、すでに貯金が何千万円もあって、葬儀代くらい問題ないという方なら、もちろん入る必要はない。

また、冒頭、「今はほとんど共働き」と言ったが、それでも稀に「家庭に入って欲しい」という昭和風の男もいる。

こういう人は、それなりに保険に入るべき。

と言うのも、女性が家庭に入ることは「キャリアを切ってしまう」ことを意味するからだ。

同じ仕事をずっと続けているのと、間に数年のブランクがあるのでは、評価はかなり違う。

仮に28歳で結婚し、その5年後に旦那が死亡。妻が33歳で就職しようとした場合、やはり5年のブランクは無視出来ない。

採用する方からしても、求める職種に対して「ずっとやってました」という人と、「5年前までやってました」という人では、どうしたって前者を採る。

後者を採るのであれば、やはり時給なり月給なりを下げるだろう。

要は足元を見られるということ。

「家庭に入ってくれ」とお願いすることは、それらのリスクについても責任を負うということでもあるが、若くして死んだ場合、その責任を果たすためには、高額な資産を残すか、保険金を残しかしかないだろう。

流石に「一生食っていいけるくらい」の保険金を残す必要はないが、2,3年は食っていける分の金(1,000~2,000万円)は残してあげないと可愛そうだ。

余談ながら「家庭に入って欲しい」などと格好つけて言う人に限って、意外と年収も低く、保険に入るのも躊躇する人もいる。

要は奥さんに自分の「母親の代わり」になって欲しいだけの子供で、こういうタイプと結婚すると苦労する。

まあ、それは良い。

以上、ここまでの話をまとめると

・結婚した直後は、単に独身者が2人が同じ家で暮らしているだけ

・保険に入る必然性はなく、結局のところ、保険に入るか否かは相手に対する責任感があるか、ないかだけ

・ただ、仮に死亡した場合、葬式代はかかるので、それは貯金とは別に用意しておいた方がベター
 (もの凄い貯金があるなら、考える必要なし)

・妻に専業主婦になって欲しいなら、それなりの保険に入ること

という感じ。

では、具体的にはどのような商品が良いのだろうか?

筆者は以下の3条件を満たすものが良いと思う。

1 「掛け捨て」で

2 「なるべく安い」もので

3 死亡時500万円(葬式代)を用意する

医療保険に関しては、冒頭でも述べた通り、最悪入ってなくてもどうにかなるので、好きにすれば良い。

実際の商品としては、ライフネットやチューリッヒなどのネット系生保の定期保険、もしくは都民共済や県民共済などでも良い。

チューリッヒ生命 定期保険プレミアムDX ★★★★☆

メットライフ生命 スーパー割引定期保険 ★★★★☆

メディケア生命 メディフィット定期 ★★★★☆

20代や30代前半であれば、死亡保険金500万円で月々の保険料など、1000円前後だろう。

これならさほどの負担にならない。

また、共済であれば、その共済の年間収支で「余った分」は返金されるので、毎月2,000円の保険料を支払ったとしても、だいたい4割くらい(月800円、年間1万円くらい)は後から戻ってくる。

そのため実負担は毎月1,200円くらいで済む。

共済の方は医療保険もセットになっているものも多いので、こちらの方がお得かもしれない。

注:死亡保険だけで良い、という方は、共済だと医療もセットになってしまうので、おそらくネット生保だけに入った方が安い。

なお、保険期間は10年で十分。(共済は毎年更新なので、保険期間の設定はない)

と言うのも、結婚してからの数年は、出産や家の購入などでライフステージががらがら変わる。

そのため、あまり先のことなど考えず、とにかく「今、安い」もので保障だけを得る。

子供が生まれた時などは、本気で保険と向き合わないといけない時期なので、それはその時考えれば良いだろう。

予算感としては、夫婦で4,5千円程度が目安。

モデルケース

・夫婦の2人でそれぞれ共済 2,000円×2人(実質負担は1,200円×2人)

・ネット系生保 旦那1,000円(死亡時500万円 10年定期)
 医療保険   旦那2,000円(入院5,000円、がんの保障など追加)
 医療保険   妻 2,000円(同上)  

こんな感じで十分。

ちなみに

「もし自分に何かあったら妻にお金を残してあげたい!!」

そんな責任感が強い人なら、もうちょっと予算をかけても良いが、それでも1万円以内くらいにしておいた方が良い。

ここまでが基本的な考え方。

なお、これらは「保険に入るなら」という話であり、もし夫婦お互いが

「どちらかが死んだら、もうそれは仕方ない。残された方が後始末して、また独身に戻って新しい人生を生きていく」

と納得して同意できるなら(保険に入らないなら)、それはそれで立派な決断だ。

保険の仕事をしている身からすれば「そんな片意地張らずに1,000円くらいかけておけば良いじゃん・・・」とは思うものの、そこは本人の考え方次第。

葬式代の負担と言ったところで、それが人生に致命的な打撃をもたらすわけでもなく、最悪、親の援助などもあるだろうから、要は「なんとでもなる」レベルの話ではある。

この点、子供がいる場合、保険がないと「致命的」なことになる場合もあるが、夫婦だけの場合、気楽と言えば気楽である。

最後に、「たまにいる人」の話をしておく。

どうしても掛け捨てが嫌な人のケースだ。

稀にいる。

たかだ1,000円でも嫌という人だ。

このタイプは年収に関係なくいる。

年収300万円でも5,000万円でも「捨てるのが嫌」という人。

そのため、どうしても貯蓄系の保険に入るしかないし、保険屋からすればありがたい客とも言える。

先にも述べたが、実際のところ、若くして死ぬ確率は相当低い。

だからこそ、掛け捨ての保険料も安いのだが、この保険料も相当の確率で「捨てる」ことにはなる。(ほとんど死なないため)

だったらちょっとでも「貯めておきたい」と思うのも、考え方としてアリだと思う。

今なら、ドル建の終身保険や変額保険などは、保障を得ながらお金を貯めることも出来るので、若いうちに入っておくのも良いだろう。(以下、当サイトで高評価の商品一覧)

ドル建保険

ジブラルタ生命 米国ドル建終身保険&米国ドル建終身保険(低解約返戻金型) ★★★★☆

ジブラルタ生命 米国ドル建特定疾病保障終身保険(低解約返戻金型) ★★★★☆

PGF生命 米国ドル建終身保険(基本タイプ) ★★★★☆

メットライフ生命 USドル建終身保険 ドルスマートS ★★★★☆

変額保険

ソニー生命 バリアブルライフ 変額終身・変額定期 ★★★☆☆

アクサ生命 アクサの「資産形成」の変額保険 ユニット・リンク ★★☆☆☆

アクサ生命 ライフプロデュース ★★☆☆☆

プルデンシャル生命 変額保険(終身タイプ/一時払タイプ) ★★☆☆☆

マニュライフ生命 こだわり変額保険 ★★☆☆☆

マニュライフ生命 未来を楽しむ終身保険 ★★☆☆☆

メットライフ生命 ライフインベスト/ライフインベスト プラス ★★☆☆☆

だが、ここでも一点だけ注意点がある。

それは

やりすぎないこと

貯蓄の話は皆好きだ。

「将来、こんな貯まりますよ!!」

などと言われると、どうしても今ちょっとでも無理して頑張ろうとしてしまう。

また、結婚直後は何となく「2人で明るい未来を!!」みたいな、おめでたモードに入っており、しかも金銭感覚が独身の頃のままである人が多い。

「今から2人の老後のために!!」

と乗せられれば、ついその気になってしまう。

だが、老後の前に色々やることがある。

子供が生まれた後、どれほどお金がかかるか、家の頭金を貯めるのがどれほどしんどいか。

それらを知らずに、毎月、5万円も6万円も「突っ込んでしまう」と後で泣きを見る。

筆者の保険見直しセミナーなどでも、散見される。(外資系の保険営業マンに多い)

一旦冷静になり、まずは死亡保障で500万円程度を用意出来るレベルで十分。

商品にもよるが、毎月1,2万円だろう。

追加はいつでも出来るし、何より保険は一度始めてしまうと、途中でやめられない。

注:保険屋が「途中で払うのをやめて、払済なども出来ます」などと口八丁なことを言うが、大抵は損をする。

貯蓄系の保険に入ること自体は否定しないが、無理のない範囲にしておくこと。

以上、「結婚したら保険にはいるべき?」という質問に対し、筆者の考えを解説した。