この保険の弱点はここだ!第一生命「ジャスト総合医療一時金保険」

提供会社:第一生命

商品名:ジャスト総合医療一時金保険

この保険の弱点はここだ!!

凡庸な商品ではあるが、保険料は頑張っているな、という印象。

入院したら、それが日帰り入院でも、1泊2日でもまとまった一時金が受け取れる医療保険を「一時金タイプ」と言うが、本商品はそれに分類される。

短期入院でも20万円(他、30万円、40万円プランもあり)というお金を受け取れることが「売り」の商品だが、そもそも短期であればお金はさほどかからない。

本商品のパンフレットやサイトでは、各種データを挙げて

「昔に比べて短期入院での自己負担額が増えている」

と強調しているが、それはある程度は事実であるものの、10年前は10万円で済んだものが、今は13万円になった、とかそんな程度の話で、大きく取り上げるほどのことではない。

逆に、一次金系の商品は数ヶ月の長期入院となった場合でも「20万円しか」受け取れないことになり、その点、一時金タイプの医療保険には

短期入院には過剰、長期入院には過少

という構造的なデメリットがある。

そのため、当サイトでは一時金系の医療保険の評価は総じて低い。

このあたりは、以下、コラムにて総論を述べているので、参考にして欲しい。

参考コラム:入院一時金って必要?それとも不要?

但し、本商品では、この長期入院のリスクを、

「入院している限り一時金を複数回支払う」

という取り組みでカバーしようとしている。

2回型と4回型があり、2回型であれば入院が30日に達した段階で2回目の一時金が支給され、4回型であれば、30日、60日、90日と30日区切りで一時金を受け取ることが出来るようになっている。(当然、その場合、保険料は上がる)

この点では、他の一時金系の医療保険よりは完成度は高い。

また、健康割という制度もあり、健康診断結果を提出するだけで保険料が割り引かれ(基本割引)、さらにその結果が良好な場合にはより高い割引が受けられる(優良割引)

保険料の水準は、国内の大手保険会社が出すものとしては割安感があり、率直に「おお、頑張ったな」とは思う。

第一生命としても気合を入れた商品なのだろう。

と、商品概要はこんなところ。

では弱点(デメリット)の話にうつろう。

弱点1 普通の医療保険で良い・・・

元も子もないが、わざわざ一時金系の商品を選ばなくても、普通の医療保険で良いんじゃない?というのが筆者の感想。

普通の医療保険とは、日額タイプと呼ばれるもので、入院1日いくらという形で給付されるもの。

本商品のサイトでも、「日額タイプ」と「一時金タイプ」の比較があるが(サイトの一番下部)、そこでは以下のようなことが書かれている。

ケース1 1日入院の場合 

日額タイプ  1万円(日額1万円)
一時金タイプ 20万円

ケース2 14日入院の場合

日額タイプ  14万円(日額1万円×14日)
一時金タイプ 20万円

ケース3 30日入院の場合

日額タイプ  30万円(日額1万円×30日)
一時金タイプ 20万円

これを見れば、短期入院には一時金タイプの方が良いことは一目瞭然だが、入院日数が20日を超えれば、当然、日額タイプの方が給付金額が多くなる。

そこで考えて頂きたい。

本当のリスクは何か?本当にキツイ状況はどんな時か?

本商品の言う通り、入院期間は総じて短くなってはいるが、それでも長期入院がなくなったわけではない。

本当に怖いのは長期入院ではないか?

出口が見えない、いつ完治するのか分からない、そんな入院こそ怖い。

そんな時こそ、役に立つのが保険。

せめてお金を受け取ることで多少の安心につながる。

一時金系は短期入院で「お得」かもしれないが、別に得をするために保険に入るわけでもないだろう。(まあ、そういう本質をはき違えた人もいるかもしれないが)

長期入院のことを考えれば、普通に考えて日額タイプの方が良い。

一時金タイプは、日帰りでもまとまったお金が受け取れるが、それは保険会社からしても、「日帰り」でもまとまったお金を払うということであり、当然ながら長期入院よりは、日帰りなどの短期の方が発生頻度が高い。その分、保険会社の支払いが多くなるため、保険料も割高に設定されている。

但し、本商品は「一時金系のわりには」保険料はかなり抑えられてはいるものの(その理由は後述)「長期入院にも対応しよう」として、複数回プラン(2回型、4回型など)を選択すると、保険料は上がってしまう、結局は日額プランより高くなってしまう。

高い保険料を負担してまで一時金にこだわる必要はないと考える。

弱点2 10年更新

本商品は10年更新型であるため、その都度保険料が上がる。

40歳くらいまでは、さほどの上昇率ではないが、「実際に入院のリスクが高まる」50代に入ると、1.5~2倍のペースで保険料が上がる。

歳を取れば取るほど保険料が高くなるというのは、老後生活の設計の上でも、あまり歓迎できるものではない。

弱点3 健康割が今一つ

健康診断結果を「出すだけ」で割引が受けられるという点は斬新。

何故、出すだけで安くなるのか?

これは保険会社からすると、

・毎年、健康チェックを受けている

→ 健康面を気にしている
→ きちんとした人(社会的に)

ということが確認出来るから。

結果はどうあれ、「ちゃんと毎年受ける」という行動自体に保険会社の信用がある。

その分、安くしましょう。ということ。

そして、その結果が良好であれば、更に優良割引をします、となり、こちらは分かりやすい。

健康であればあるほど、病気の確率が減るからだ。

が!!あえて言う。

割引、ショボくない?

と。

30歳 男性 基準給付金額20万円の場合、標準の保険料が1,910円/月、健康診断結果を出すだけで受けられる割引後の保険料が1,814円/月(-96円)、更に結果が良好な場合の優良割引で1,746円(-164円)。

ショボい・・・ショボすぎる・・・・

健康診断の結果を出し、更にその結果が良くても164円程度の割引で、元の保険料の8%程度しか下がらない。

健康診断結果を出す、というのは意外と面倒だ。

しかも、個人情報としては最高機密であり、それを提供しているわりには「随分と割引が少ないな」と感じる。

なお、「毎年提出」には、保険会社側に別の利点もある。

それについては次項で述べる。

弱点4 ドアノッカー商品

第一生命の思惑を邪推するようで申し訳ないが、この商品の位置づけは「ドアノッカー商品」だろう。

率直に言って、第一生命の規模で、こんな数千円の商品を販売しても、ほとんど儲からない。

それどころか、この保険料で日帰りでも20万円なんか支払っていたら、下手をすれば赤字だろう。

しかし、それでも良い。

この商品の目的は「若い層」とコンタクトを取ることだから。

日帰りでも20万円!!インパクトのあるセリフをテレビで連発することで、見込み客を得る。

本商品はネットや通販などでは加入出来ず、「必ず」同社の生涯設計デザイナー(セールスレディ)に会った上で申し込みをする必要がある。

なかなか接点の持てない若い層との面談。

今、古くてデカい大手保険会社が喉から手が出るほど欲しいそれを得るための手土産みたいなものだろう。

同じ戦略で、明治安田が若者向けに「かんたん保険シリーズ ライト」という商品群で展開しているが、第一のこの商品にも似たようなニュアンスを感じる。

明治安田生命 じぶんの積立 ★★★★☆

明治安田生命 つみたて学資 ★★★★☆

また、前項で挙げた「毎年健康診断を出す」というのも、裏を返せば「契約者に毎年会うための口実」とも言える。

とりあえず、お得感のある安い商品を販売し、まずは契約者になってもらう。

担当者はそこから深掘りし、将来の結婚、出産などライフイベントごとに合った保険を提案していく。

まあ、そんな感じではないのだろうか?

別に悪いことではない。

初回無料、初回限定クーポン。

どこの業界、どこの商品でも似たようなことはやっているのだから。

ただ、正直に言うと「そんな時代でもないんじゃない?」とも思う。

今の若い人は、「昔から第一だから、結婚後も出産後も第一に任せる」というような思考回路ではない。

ネットで情報を収集し、その都度、良いものを選ぶ。

そういう意味では、ちょっと時代錯誤な戦略かなという気がしないでもない。

面談必須で、その後も色々電話がかかってきたりするので、そのような「濃厚なお付き合い」が嫌いな方はやめておいた方が良い。

ただ、第一生命のセールスレディ(今は生涯設計デザイナーと言うようだが)は総じてレベルが高い人が多い。

筆者も何人か知り合いいるが、大変勉強熱心な方ばかりだ。

知識豊富な方に当たれば、有益な情報を提供してくれるので、「濃厚なお付き合い」も悪いことばかりではないだろう。

このあたりは、人によって好き嫌いが分かれる。

この商品の弱点、こう考えろ!!(解決策)

文中でも何度か述べたが、保険料はかなり抑えている。

当サイトでは一時金系の商品に塩対応なので、評価は低いものの「一時金系の中では」良い商品だと思う。

短期入院など「備える必要もない(それくらいの事態に対応できる貯金は常に持つべき)」とは思うが、それでも「短期入院が怖い・・・」という臆病さんには悪い選択肢ではない。

口コミ・評判(契約者から)

・なし

謝礼Amazonギフトカード300円!! アナタの口コミ教えて下さい!!

保険会社勤務、代理店勤務の方でも、販売現場の情報や、当サイトで指摘していない弱点(デメリット)などには謝礼(amazonカード300円)をお支払い致します。

比較した方が良い商品

当サイトで高評価の医療保険は以下の通り。

アクサダイレクト生命 アクサダイレクトの終身医療 ★★★★☆

アフラック 医療保険EVER Prime プラス ★★★★☆

SOMPOひまわり生命 健康をサポートする医療保険 健康のお守り ★★★★☆

なないろ生命 なないろセブン ★★★★☆

メットライフ生命  マイフレキシィ ★★★★☆

メディケア生命 新メディフィットA ★★★★☆

編集後記

約款